nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

上手くいかない前半と対応した後半。2014年J1第7節 川崎フロンターレ対柏レイソル レビュー

      2014/07/22

スタメンはこちら

スタメンはこちら

2014年J1第7節、川崎フロンターレ対柏レイソルは1-1の引分け。両チーム痛み分けという結果でしたが、見どころの多い試合でした。

ボランチのパス交換が上手くいかない

この試合苦戦した最大の要因は、ボランチのパス交換が上手く行かなかったことです。以前の記事で、「ボランチ同士のパス交換がこのチームの生命線」だと書きました。公式戦4連勝中だったときのダブルボランチは、中村憲剛と大島僚太。この2人がボールを取られず、正確に繋ぎ続けることで、素晴らしい攻撃が可能になっていました。

しかし、この日ボランチに起用されたパウリーニョは、大島僚太ほどの技術がないため、大谷とハン・グギョンという柏のボランチのプレッシャーをまともに受けてしまい、上手く繋ぐことが出来ません。次第に、パウリーニョがボールを受けにこなくなったため、中村憲剛へのマークが厳しくなり、ボールを4連勝中のように繋ぐことが出来なくなってしまいました。

ボランチにボールをつけられないので、センターバックからうまくボールを供給したいところなのですが、この試合の柏は、レアンドロがジェシと井川の間に立つことで、センターバック間のパス交換も上手くいかないように、工夫していました。そして、ジェシがボールを持ったら、田中順也がサイドバックのパスコースを切りながらプレッシャーかけることでミスを誘う。さすが、ネルシーニョ。いやらしい。

川崎フロンターレも前半20分位から、森谷が中央でボールを受けるようになったことで、攻撃の組み立てが少し改善されましたが、4連勝中だったときのようにボール回しがテンポアップしません。特に前半はうまくいきませんでした。

柏のボランチのハン・グギョンは、ボールを奪うのがうまいボランチですが、ボールを奪う自信があるので、相手に食いつく傾向があります。パス交換のテンポを早めて、走らせれば、空いたスペースを上手く使えたはずなのですが、それが出来たのは金久保が入ってからになってしまいました。

安柄俊がボールを受けられない

そして、2つ目の要因は安柄俊がボールを上手く受けられなかったことです。安柄俊はFC東京戦の時もそうだったのですが、相手を見て逆をとってDFを外す動きが身についていないので、どうしても相手に捕まってしまいます。しかも、ボールが正確にボールを止められないので、安柄俊にボールを渡すと、攻撃のテンポが上がらないので、他の選手もパスをもらう動きを躊躇していました。

セットプレーではほとんどのボールに競り勝つなど、身体能力の高さを感じるプレーは何度もみせていたので、今後に期待です。

稲本の投入でビルドアップを改善

後半になって風間監督は、安柄俊に変わって稲本が入ります。稲本は攻撃を組み立てる時、ジェシと井川の間に立つことで、センターバック間のパス交換がスムーズになりました。これによって、柏のレアンドロと工藤と田中順也によるディフェンスをうまくかいくぐることが出来るようになりました。

ただ、相変わらずパウリーニョがゲームの流れに入れません。パウリーニョはディフェンスが得意なので、相手からボールを奪うことで試合のテンポに乗っていくプレーヤーだと思うのですが、この日の柏の攻撃の組み立ては、大谷が左のDFに入って組み立てに参加する変則的な形だったので、パウリーニョとしても、ボールを奪うポイントが中々見つけられなかったのだと思います。

さらに流れを変えた金久保の投入

そこで、流れに乗れないパウリーニョに代わって、金久保が入ります。金久保のポジションは左サイドハーフなのですが、ハン・グギョンが稲本と山本にプレッシャーをかけているので、もう一人のボランチの大谷の横や裏でボールを受ける動きを繰り返し、ボールを受けると少ないタッチで味方に渡す。金久保がこの動きを繰り返したことで、川崎フロンターレは本来のリズム(に近い)を取り戻しました。

この試合金久保がいなかったら、同点には追いつけなかったでしょう。この試合の活躍によって、途中からリズムを変えられる存在であることを証明しました。ベンチ入りが出来ない試合が続いていましたが、今後はコンスタントの活躍できると思います。

流れを引き寄せたネルシーニョの交代策

流れが川崎フロンターレに傾いている状況を打開したのが、ネルシーニョの交代策です。守備に気を取られて、ボールを引き出す動きが減ったレアンドロに代わって木村を入れて動きの量を増やすと、輪湖を入れて、高山を右サイドにいれることで、攻撃の組み立てを改善。流れを引き戻しました。こうした、戦況を読んだ交代策はさすがです。

見どころの多い試合でしたが、メンバーが揃っていたら全然違う展開になり、相手のディフェンスを真正面から破壊することが出来たんじゃないかと思いますが、このメンバーで柏レイソルと1-1という結果は悪くありません。アウェイの日立台で、本当の強さを見せて欲しいと思います。

次はアウェイで貴州人和との試合があります。
簡単な試合ではありませんし、どこまでメンバーが戻ってくるかわかりませんが、
グループリーグ突破のためには、負けられない試合です。
引き続き注目して観て行きたいと思います。

関連記事

難しいコンディションにきちんと対応。2014年J1第6節 徳島ヴォルティス対川崎フロンターレ レビュー
守備の堅い相手を攻略。アウェーの雪辱を果す。ACLグループリーグ 川崎フロンターレ対ウエスタン・シドニー レビュー
中村憲剛と大島僚太のダブルボランチ。2014年J1第5節 川崎フロンターレ対名古屋グランパス レビュー

関連商品

 -