nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

「自分たちの力が本物なのか」が試される1戦。2014年J1第7節 川崎フロンターレ対柏レイソル プレビュー

      2014/07/22

スタメン予想はこちら

スタメン予想はこちら

2014年J1第7節、川崎フロンターレの対戦相手は柏レイソル。現在リーグ戦3連勝中の川崎フロンターレにとって、自分たちの力が本物なのかが試される1戦です。

相手の良さを消す戦い方がうまい柏レイソル

なぜ、この試合が「自分たちの力が本物なのか」が試される1戦なのか。それは、柏レイソルが「相手の良さを消す」戦い方をさせたら、Jリーグで1番上手いチームだからです。「相手の良さを消す」ために策をたて、実行する手腕に関しては、Jリーグでネルシーニョの右に出る監督はいません。

柏レイソルが「相手の良さを消す」戦い方をしてくる理由としては、前提として「相手の良さが消えれば、自分たちは負けない」という考え方があります。そして、近藤、大谷、工藤、田中といった、戦術を忠実に実行、相手の良さを消した上で、自分たちの強みを出すことが出来るプレーヤーがいることも、こうしたサッカーを実行できる大きな要因です。

川崎フロンターレが3連勝中に対戦してきたFC東京や名古屋グランパスは、「相手の良さを消す」よりは、「自分たちの強みを発揮して勝とう」とするチームでした。(徳島は「相手の良さを消そう」としましたが、早い時間の失点で、ゲームプランが崩れてしまいました。)だから、この試合は川崎フロンターレにとって、「自分たちの力が本物なのか」が試される1戦なのです。

柏レイソルは、「3-4-3」のフォーメーションで戦うことが予想されますが、守備のときは、MFのキム・チャンスと高山の2人がDFラインに入り、「5-4-1」となります。レナトと小林悠が欠場するこの試合で、柏レイソルの高さも強さもあるDFラインを崩すのは、簡単ではありません。

選手が替わっても質を落とさずに勝つことが出来るか

ポイントは、代わりに入ると予想される選手です。

安柄俊は、先発するとしたらリーグ初先発となります。リーグデビュー戦のFC東京戦では、ボールが足につかない場面がありました。ただ、プレー時間は短かったですが、ボールタッチの柔らかさと動きの質の高さに、ポテンシャルの高さを感じました。小林と森島がいないこの試合で結果を残せれば、FWのスタメン争いは益々激しくなり、チームの底上げに繋がります。

あとは、レナトの不在がどこまで影響するかも注目です。レナトの代わりは山本のスタメンを予想しましたが、レナトのようにドリブルで相手をかわせる選手は、川崎フロンターレには他にはいません。シーズン前に書いた記事で指摘したのですが、川崎フロンターレで唯一プレースタイルが他の選手と重ならないのが、レナトです。

そして、大島僚太が前日練習不参加だったようで、欠場が濃厚です。残念ですが、代わりにパウリーニョが入ることが予想されます。パウリーニョが入れば、中盤のボール奪取力が高まります。柏レイソルのようなチームには、パウリーニョの方が嫌かもしれません。

メンバーが変わっても、サッカーの質を落とさずに勝つことが出来るのか。
こうした面でも、この試合は「自分たちの力が本物なのか」が試される1戦です。
どんな試合になるのか、楽しみです。

関連記事

ポイントは森谷賢太郎の動き。2014年J1第6節 徳島ヴォルティス対川崎フロンターレ プレビュー
守備の堅い相手を攻略。アウェーの雪辱を果す。ACLグループリーグ 川崎フロンターレ対ウエスタン・シドニー レビュー
中村憲剛と大島僚太のダブルボランチ。2014年J1第5節 川崎フロンターレ対名古屋グランパス レビュー

関連商品

 -