nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2016年J1セカンドステージ第10節 川崎フロンターレ対柏レイソル プレビュー「ペナルティエリアの三辺をどのように攻略するか、そしてどのように守るか」

   

2016年Jリーグセカンドステージ第10節、川崎フロンターレの対戦相手は柏レイソルです。

ペナルティエリアの三辺をどのように守るか

この試合のポイントは、ペナルティエリアの三辺をどのように攻略するか、そしてどのように守るかです。

僕は柏レイソルのサッカーが好きです。柏レイソルは、Jリーグでは数少ない、攻撃の時にプレーの意図を表現出来るチームです。サイドは伊東、クリスティアーノというボールを運べる選手の技術と斜め方向のパスを組み合わせながら、ペナルティエリアに侵入してきます。また、中央は中川がMFとDFの間でボールを受け、サイドの選手が斜め方向に動き、中川からのパスを受けようとします。仕上げを担うディエゴ・オリベイラのペナルティエリア内での相手を外す動きも洗練されていて、よい時はどんなチームでも抑えられないくらいの質の高いプレーをします。最近は、右サイドバックに茨田が起用されていて、ボールを敵陣に運ぶ時のパス回しもスムーズになりました。

柏レイソルは、まずはクリスティアーノと伊東にボールをわたし、サイドから川崎フロンターレの守備を崩そうとしてくるはずです。相手がボールを持って攻め込んできた時、エウシーニョと車屋が1対1の戦いに劣勢を強いられたら、この試合は柏レイソルのペースで進むはずです。また、サイドを警戒すると中川が上手くDFとMFの間でボールを受けてきます。柏レイソルと対戦する時は、「サイドから攻めこまれ、中央で起点を作られる」という攻撃を繰り返し受けて、劣勢に立たされる。そんな場面を何度も観てきました。

柏レイソルが得意な攻撃をさせないためには、川崎フロンターレがボールを保持する時間を長くし、相手が意図する攻撃を受ける時間を減らすことが重要です。

まずは攻撃を開始する時に、いかにスムーズに敵陣にボールを運ぶか。柏レイソルは川崎フロンターレのセンターバックがボールを持った時、素早く距離を詰めて、ボールを奪いにくるはずです。ボールを奪えなくても、サイドバックへのコースを上手く切り、中央を経由して最短距離でボールを運ばせないようにしてくるはずです。ファーストステージでは、エドゥアルド・ネットがセンターバックを効果的にサポートし、柏レイソルの守備を崩し、スムーズに敵陣にボールを運んでみせました。また、セカンドステージのサガン鳥栖戦のように、選手間の距離が広がりすぎてしまうと、パスがスムーズに回らなくなります。選手間の距離が短く保てるかが注目です。

ペナルティエリアの三辺をどのように攻略するか

そして、ボールをスムーズに運べたとしたら、ペナルティエリアの三辺をいかに崩すかです。川崎フロンターレは、2016年シーズンはずっと攻撃のクオリティに問題を抱えています。良かった時期もあるのですが、シーズンを通して、中央のエリアを「出して、受ける」の動きを繰り返しながら、前に前にボールを運び、パスの受け手と出し手の関係だけで、敵が何人いても関係ない。そんな攻撃が披露された試合が少ないのです。

中央のエリアを攻略出来ないのは、中央のエリアでパスを受けられる人がいないこと、そして中央のエリアでパスを受けた後に、パスを待っている大久保に正確なパスを出せる選手がいないからです。中村という最適任者はもちろんいるのですが、ボランチをやっている時は、なかなか大久保の近くでプレー出来ないので、中央のエリアでパスを受ける人への出し手になってしまいます。セカンドステージ開幕直後は、大塚というパスを受ける動きに長けた選手が起用されていましたが、ボールを受けられても下げてしまうので、なかなか中央から有効な攻撃が出来ていませんでした。

この試合では、中村が大久保の近くでプレーするとともに森谷が起用されることが予想されています。中村と森谷は、中央のエリアでボールを受けるプレーが得意な選手です。そして、大久保に対して正確なパスを出せる選手です。この2人がどれだけ中央のエリアでパスを受けられるかが、有効な攻撃が出来ているか判断するポイントです。

僕は森谷のプレーに注目しています。森谷は「出して、受ける」プレーが得意な選手なのです。したがって、森谷がよいプレーが出来ている時は、チームがよいプレーが出来ている時です。しかし、森谷のパフォーマンスが悪い時は、森谷個人の調子の問題もあると思いますが、チームのパフォーマンスが悪いからだったりします。森谷のプレーを追いかけていると、チームの出来を把握することが出来る。そんな選手なのです。

ペナルティエリアの三辺をめぐる攻防、そして森谷がどんなプレーをするか注目してみてください。

おすすめ

 - , , ,