2017年J1第3節 川崎フロンターレ対柏レイソル プレビュー「しぶとく勝てるか試される試合」

2017年Jリーグ第3節、川崎フロンターレの対戦相手は柏レイソルです。柏レイソルとの試合は、いつも面白い試合になります。その理由は、柏レイソルが川崎フロンターレの戦い方に対して、的確な対策を立てて、実行出来るチームだからです。

柏レイソルの戦い方を予想する

2016年シーズンの2試合を振り返ると、柏レイソルの戦い方は自ずと見えてきます。ファーストステージは川崎フロンターレが勝ちましたが、柏レイソルは川崎フロンターレ陣内でボールを奪おうと試みましたが、スタメンとして、守備が得意ではない大津が出場していたこともあり、守備が上手く機能しません。川崎フロンターレにスムーズにボールを運ばれてしまい、負けてしまいました。

セカンドステージは、柏レイソルの守備が川崎フロンターレの攻撃を上回りました。ディエゴ・オリベイラがコースを限定し、サイドにパスが出たら、伊東とクリスティアーノが素早く距離を詰め、自由に攻撃させません。エドゥアルド・ネットや大島に対しては中川が素早く距離を詰め、自由にプレーさせません。何度もボールを奪われた川崎フロンターレは、コーナーキック、フリーキックから失点を重ねました。セットプレーでゴール中央を守るエドゥアルド・ネットが、特定の選手のマークにつかない反面、自分の周りにいる選手をフリーでプレーさせがちという弱点を巧みについてみせました。

こうした対策は、他のチームも実行してきます。柏レイソルが巧みなのは、攻撃時のフォーメーションを変えることで、相手にボールを奪われない工夫をしている事です。攻撃時の柏レイソルのフォーメーションは、左右のサイドバックがFWと同じポジションをとり、2-1-2-5のようなフォーメーションになります。センターバックとボランチの3人でボールを回し、FWの位置に並んだ5人で、4人のDFに対して数的優位を作り、数的優位の場所を活かしながら、相手にボールを奪う機会を与えません。他のチームと違い、ボールを奪われたら取り返させてくれません。

この試合の柏レイソルは、2016年シーズンのセカンドステージのような戦い方をしてくると予想されます。ディエゴ・オリベイラがパスコースを限定し、サイドにパスさせてボールを奪う。奪ったら素早く相手ゴール前にボールを運んで攻撃を仕掛けて、自陣から攻撃する時は数的優位の場所を活かしながら、じっくりボールを運ぶ。普段ですと、川崎フロンターレの方がパス本数やボール保持率も相手チームより高くなるのですが、この試合は五分五分か、もしかしたら柏レイソルの方が上回ってくるかもしれません。

1点勝負。しぶとく勝てるか。

今の川崎フロンターレは、柏レイソルを力でねじ伏せることが出来る状態ではありません。特に攻撃は「小林以外の誰が得点を奪うのか」という問題をかかえており、大久保と怪我で欠場中のエウシーニョの不在による影響が出ています。簡単に解決する問題ではないので、2点以上取れる可能性は高くないと予想します。したがって、この試合を勝つとしても、1点差の勝負になるはずです。

鬼木監督は、この試合を勝つために、まずは失点しないことを優先する戦い方を選択するようです。センターバックに奈良を使うのは、ディエゴ・オリベイラ、クリスティアーノといった選手に対して1対1で負けないようにしたいという事と、コーナーキック、フリーキックからの失点を減らしたいという意図が伺えます。また、登里をMFで起用すれば、柏レイソルが攻撃時にFWの位置に5人並べてきても、登里を下げることで人数をあわせる事が出来ます。攻撃で圧倒して勝つのではなく、相手の攻撃手段を減らし、自分たちのペースで試合をしたいと考えているのではないのでしょうか。

本当なら攻撃を重視して、相手を押し切るような戦いをしたいのかもしれませんが、中3日後に広州恒大戦も控えており、連戦が続く状態で無理をしても、かえって手痛いしっぺ返しを食らう可能性があります。4月までは、相手を圧倒するようなサッカーは出来なくても我慢しながら勝ち点をしぶとく獲得し、負け数を出来るだけ減らし、なるべく上位チームに離されないようにする。そんな戦いが求められています。

柏レイソルのような相手に、きちんと勝ち点3が取れるか。それは、タイトル獲得を目指すチームとして、その資格があるのかを試される試合だととらえて良いと思います。どんな試合になるのか、楽しみです。

おすすめ