nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

前から来たら、後ろを狙え。2015年J1第13節 川崎フロンターレ対サガン鳥栖 レビュー

   

2015年Jリーグ第13節、川崎フロンターレ対サガン鳥栖は、3-2で川崎フロンターレが勝ちました。

4-4-2に3バックで対抗

前半は、良い時の川崎フロンターレの攻撃が、ほとんどみられませんでした。その要因としては、ボールを奪いにくるサガン鳥栖の守備を、上手く外せなかったからです。センターバックの角田と井川と、相手FWの池田と豊田が2対2になって、相手に捕まってしまうことを考慮し、風間監督は杉本をスタメンに起用し、相手DFの背後を狙うように指示をしたそうです。しかし、その狙いを忠実に行うあまり、パスを繋げる場面でも、DFの背後を狙ってしまい、相手にボールを受け渡すことが増えてしまいました。

しかし、後半は4-4-2だったフォーメーションを、3-4-3に変更します。DFを3人にすることで、3対2と数的優位を作り、相手の守備の起点を外すことで、ようやくパスがつながるようになりました。また、エウシーニョと武岡が、攻撃の時に相手サイドバックと同じ位置にポジションをとることで、相手のサイドバックとサイドハーフの位置を、自陣に押し込めるようになりました。

谷口がボランチで起用される理由

この試合は、前半は中村と谷口の2人がボランチを務めました。後半は、相手の守備を外したいので、谷口は3バックの左にポジションを移しましたが、2戦続けて谷口をボランチに起用したのは、谷口のところでボールを奪いたいからです。

川崎フロンターレが抱えている問題点の1つに、相手ゴールに近い位置で、ボールを奪えないという問題があります。相手が攻めてきても、FWやMFのところでボールが奪えず、ゴール前でなんとか守備している場面が多く、守りきれずに失点してしまうということが増えています。ボールを奪う技術に優れている谷口をボランチで起用することで、なるべくゴールに近い位置で、ボールを奪いたいと考えているからです。

もう1つは、中村の守備の穴をカバーしたいからです。中村も今年で35歳。相手の守備の穴を的確につくパスは健在ですが、以前のように、攻守にスーパーな活躍が出来るわけではありません。特に、守備の時に相手のボールを奪う動きや、相手ボールを追いかける動きの数が、年々少なくなっていると感じます。

今シーズンの中村の1試合平均の走行距離は10.38km、スプリント数は5.92回。大島の11.34km、11.3回という数字の差は、僕は守備の時のアクションの量の差だと、僕は感じています。攻撃の時の中村は、川崎フロンターレの武器ですが、守備の時の中村は、川崎フロンターレの弱点になってしまっているのです。

だから、谷口がボランチを務めることで、中村の守備の問題を解消し、攻撃をスムーズにしたいという狙いがあるのではないかと、僕は考えています。大島が復帰しても、谷口をボランチで起用することは、今後もありうると思います。谷口の起用法とともに、中村の起用法にも注目したいと思います。

ビッグセーブでチームを救った新井

83分の杉本のゴールで勝ち越した後、サガン鳥栖の豊田に決定機が訪れましたが、新井がビッグセーブ。チームの勝ち点3に貢献しました。1失点目に、豊田に奪われた得点は、本来は抜かれてはいけないニアサイドを抜かれての失点。豊田が一瞬、中央に折り返すような目線のフェイントをいれたことで、ニアサイドをカバーしきれなかったというのはありますが、GKとしてニアサイドを抜かれるというのは、一番やってはいけない失点です。2失点目は、谷口が新井のスローインをトラップミスしたのがきっかけでした。新井の素早いスローインは川崎フロンターレの武器になりつつありますが、この場面では裏目で出てしまいました。

ただ、新井の正確なキック、DFラインの背後のカバー、素早いスローインは、西部や杉山にはない武器です。そして、試合に飢え、勝利に飢えている人が、与えられたチャンスを必死に活かそうという姿が、停滞していたチームを少しづつ変えつつある気がします。そろそろ西部が復帰しそうですが、西部が復帰した後、GKのスタメンは誰が務めるのでしょうか。

おすすめ商品

 - , , ,