nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

3連敗は変革するチャンスだ。2015年J1第10節 川崎フロンターレ対サンフレッチェ広島 レビュー

   

2015年Jリーグ第10節、川崎フロンターレ対サンフレッチェ広島は、0-1で川崎フロンターレが勝ちました。これで3連敗。ファーストステージの優勝は厳しくなりました。

素晴らしい出来だった守備

この試合は、1失点しましたが、守備は素晴らしい出来だったと思います。

サンフレッチェ広島のDFラインに対しては、千葉と森崎に対しては大久保が、塩谷にはレナト、水本には船山がマークにつきます。青山には中村と大島が2人でマークします。DFラインと青山でボールを回しながら、空いた選手やスペースに縦方向のパスを入れるのが、サンフレッチェ広島の攻撃パターンなのですが、川崎フロンターレはDFラインと青山に対して厳しくマークすることで、サンフレッチェ広島が狙っていたパス回しをさせませんでした。また、柴崎とドウグラスに対しては、井川と谷口がマーク。2人がDFライン近くまで下がってもマークについたことで、サンフレッチェ広島はパスを出すポイントを失って、なかなか攻撃の時間を作ることが出来ませんでした。

また、この試合がデビュー戦だった新井ですが、DFラインのカバー、ボールをキャッチした後の素早いフィード、バックパスの処理と、非常によいプレーを披露してくれました。ボールをキャッチしたり、セーブしたりする技術は西部の方が上ですが、DFラインを高く保って戦いたいチームにとっては、新井のプレースタイルのほうがあっているような気がしました。

三辺を崩せない攻撃

問題は攻撃です。3連敗中の得点はセットプレーからの2得点のみ。相手を崩して奪った得点がありません。

この試合で気になったのは、選手がプレーする場所が重なっていたため、相手を有効に崩すことが出来なかったという点です。この試合は、エウシーニョが左ウイングバック、森谷が右ウイングバックに起用されました。エウシーニョは縦方向へのプレーを得意としていますが、左サイドにはレナトがいるので、狙っているエリアが重なってしまい、普段の思い切りの良いプレーがなかなか出せません。

森谷は右サイドでプレーするというよりは、中央に入ってボールを受けるプレーが得意な選手です。森谷が中央でボールを受けようとすると、大久保や船山が受けたい場所と重なってしまい、中央のスペースを味方同士で奪い合っているように見えてしまいました。そして、森谷が中央に入っているため、右サイドには誰もおらず、攻撃することが出来ません。

風間監督は、左右と中央を攻撃することについて、「ペナルティエリアの三辺を攻略する」という表現を使います。相手が守っていても、ペナルティエリアの三辺を自分たちの力で攻略するために、技術、戦術を駆使するのが、川崎フロンターレの戦い方です。ですが、この試合では、左サイドと中央という二辺に攻撃が偏ってしまい、相手の守備を崩すことが出来ませんでした。これが、この試合の敗因だと思います。

相手の対策を上回れていない

FC東京戦のレビューにも書きましたが、現在の川崎フロンターレの問題は、戦い方ではなく、戦い方にあったフォーメーションと人の配置を見出だせていないことに尽きます。当然、フォーメーションや選手の能力には、一長一短あります。選手の能力とフォーメーションを上手く組み合わせて、弱点を補い、長所を発揮できるようにしたいのですが、なかなか最適解が見つからないのです。

この試合を観ていて感じたのですが、川崎フロンターレの選手のプレーは、相手に読まれているような気がします。中村のパス、大久保のターンとミドルシュート、レナトのドリブル、大島のドリブル、など、川崎フロンターレの攻撃陣は素晴らしい能力を備えた選手がたくさんいます。しかし、相手からしてみると、特徴がよく知られているので、何をしてくるかは想定出来ます。したがって、得意なプレーが封じられ、思うように攻撃できていないのだと思います。そして、エウシーニョがチャンスを作っていたのは、相手が何をしてくるのか分からなかったからです。

3連敗はレギュラーを見直すチャンス

どんなによい戦い方をしていても、3連敗したら、責任は選手であり、起用した監督にあります。3連敗したら、レギュラーは見直しです。怪我人が多く、選手の入れ替えは簡単ではありませんが、今まで起用されてこなかった選手にとっては、今はチャンスです。新井のプレーは、今まで出番がなかった選手のレベルが、決して低いわけではないことを証明してくれました。杉本、橋本、三好、安、中野、山本といった選手たちが奮起し、ふがいないプレーをみせている、大久保や中村を上回るパフォーマンスを見せられるかどうかに、連敗脱出出来るかどうかがかかっています。監督が起用に悩むくらい、練習からアピールして欲しいと思います。

次の試合は、中3日の名古屋グランパス戦。次の試合への準備は、もう始まっています。コンディションが劇的によくなる事はないでしょう。チーム状態が劇的によくなる事もないでしょう。苦しい戦いが続きますが、こんな時こそ、普段試合に出ていないフレッシュな選手の台頭に期待したいと思います。

おすすめ商品

 - , , ,