nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

「サッカーが分かる男」。2015年J1セカンドステージ第4節 川崎フロンターレ対清水エスパルス レビュー

   

2015年Jリーグセカンドステージ第4節、川崎フロンターレ対清水エスパルスの対戦は3-2で川崎フロンターレが勝ちました。

自分たちでよいテンポを止めてしまった

この試合は、風間監督が試合後の記者会見で語っていましたが、先制点を奪った後、自分たちで築いたよいテンポのサッカーを止めてしまったことが、試合を難しくしてしまったと思います。

先制点を奪って、相手は攻めに出てきます。DFラインの背後のスペースとサイドが空いているので、ボランチの位置からサイドに斜めにパスをして、空いている選手、場所を使ってボールを前進させれば、相手ゴール前で攻め続けることが出来たはずです。

ところが、先制点を奪った後、チーム全体でボールを受ける動きが遅くなります。1人の動きがワンテンポ動きが遅くなったせいで、全体の動きが遅くなり、起点となるボランチの大島が相手に狙われるようになってしまいます。2失点目は大島のパスミスからの失点でしたが、大島のミスだけでなく、他の選手たちの頭のミスが増えたことが、隠れた失点の要因だと思います。

大島に求められること

ただ、他の選手にも責任があることを踏まえた上で、大島はもっとゲームをコントロールするために、やるべきことをやるべきだと思います。味方が動かなくなったら、声や身振り手振りを交えて指示を出す。パスを出すにしても、単に空いている選手にパスをだすのではなく、味方に走って欲しい場所を示すために、味方が走ってなくても裏のスペースに出す。相手がどの程度食いついてくるか判断するために、わざと近くの味方に短くパスを出して、食いついたら縦パスを出す、といった具合です。

守備の時は、味方に飛び込むタイミング、誰が誰にマークをつくべきか、どこのパスコースを切るべきか、声を出し、指示を出す必要があります。そして重要なのは、自分が動かなくても、最後に自分がボールを奪うために逆算して、守備を組み立てることです。守備のゲームメイクも求められるポジション。それが、ボランチなのです。

ボランチ1人というのは、ゲームを全て仕切ることが出来るポジションです。試合展開、相手との力関係、相手の体力などを見た上で、今の状況ですべきことをチームに伝え、動かしていく必要があります。大島は確かにボールを扱う技術に優れた選手ですが、チームを動かして、ゲームをコントロールする点については、まだまだ物足りないと思います。そして、風間監督のコメントを読んでいると、あえて大島を起用して、奮起を促しているように思えます。

大島は今まで自分のパフォーマンスさえよければよい、と考えていた選手なのかもしれません。しかし、スタメンに定着し、チームを勝たせるために何をすべきか。チームのために何をすべきか。チームの中心選手として、より高いレベルでのプレーが求められています。

いち早くその事に気がついた谷口は、昨シーズン後半から明らかにプレーの質が向上し、日本代表に選ばれる選手になりました。大島も谷口と同じように、チームのためにすべきことが出来るか。それは、一言で言うと「サッカーが分かるようになること」です。

サイドに「サッカーが分かる男がいる」とチームは楽

この試合のマン・オブ・ザ・マッチは、田坂祐介だと思います。本当に素晴らしいプレーを披露してくれました。田坂のプレーを観ながら「サイドにサッカーが分かる選手がいると、楽だなぁ」と改めて感じました。

なぜ、田坂が「サッカーが分かる選手」だと思ったのか。それは、頭のミスがほとんど無いからです。相手が今どんな状態なのかを見極めた上で、今何をすべきなのか。ボールを持っている時、持っていない時の、判断のミスがほとんどありません。単にボールを扱う能力が高い選手のことを、「サッカーが分かる選手」というのではありません。

田坂がボールを受けると、判断のミスがないので、チームが落ち着いてプレー出来るようになりました。今までは、中村と大久保しかチームが落ち着くポイントがありませんでした。田坂が入ったことで、そのポイントがもう1つサイドに増えました。そして、サイドにチームが落ち着くポイントを作っておくと、あまり無理なくボールを敵陣に運んだり、攻撃のテンポを変えやすくなります。なでしこジャパンは宮間をサイドに置くことで、チームを落ち着かせるポイントを作っていましたが、これは同じ効果をねらったものです。

レナトは攻撃のテンポを変えることは出来る選手でしたが、テンポの変化がチーム全体に波及することはありませんでした。田坂はチームのテンポを変えることが出来る選手です。田坂が入ったことで、川崎フロンターレがチームとしてやりたかったことは、むしろレナトがいる時よりレベルアップするのではないかと思います。

レナトの代わりより、ジェシの代わりを

そう考えると、レナトの代わりを補強すべきなのかどうかは、疑問が残ります。個人的には、レナトの代わりも必要ですが、昨シーズン退団したジェシの代わりは、今のチームにいるのかという疑問をもっています。角田は期待に応えられておらず、車屋にジェシの役割を求めるのは酷です。井川と谷口の奮闘で、どうにか乗り切っているのが現状です。

今シーズンは、元々外国人枠が2人でスタートしました。僕は、センターバックの補強については、チーム状態にあわせて行うのだと思っていました。決して少なくない失点を減らすためには、外国人枠を有効に活用することも検討すべきなのではないのでしょうか。

レナトの代わりより、ジェシの代わりを(あんな人として素晴らしい選手はいないので、あくまでDFとして)。あまりにも安い失点が繰り返されるのを見る度に、僕はそう思うのです。

おすすめ商品

 - , , ,