nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

やっと生まれた森谷のゴール。2014年J1第11節 川崎フロンターレ対ヴァンフォーレ甲府 レビュー

      2014/07/22

2014年J1第11節、川崎フロンターレ対ヴァンフォーレ甲府は2-0で川崎フロンターレの勝利。後半のシュートは2本でしたが、その2本が得点につながりました。

2点とった後は、ボールを受ける動きが減ってしまいましたが、連戦中で気温26度の気候を考えると、致し方ありません。むしろ、自分たちの体力と相手の実力を考慮して、無理せずにゲームをコントロールさせながら、0点で終わらせたところに、チームとしての成長を感じました。勝ち方を覚えてきましたね。

動きで相手のDFを崩す

この試合、甲府は予想通り引いて守ってきました。特にサイドは、必ず甲府のシャドー、ウイングバック、3バックの1人がカバーしていて、スペースが全くありませんでした。中央を崩そうと、大久保が中盤でボールを受けて、相手のセンターバックを引き出そうとしたのですが、甲府のセンターバックは出てきません。ヴァンフォーレ甲府の守備の狙いは、川崎フロンターレが出すところがなくなって、焦って出した縦パスを、センターバックが奪うことでしたので、無闇に川崎フロンターレのパスに食いついてきません。

だからこそ、プレビューの記事でも書きましたが、パスで相手のDFを動かして、DFとDFとの間で受ける動き、DFの背中を取る動きを繰り返せるか。動きで相手を崩せるか。動きすぎずに、パスを出す選手が顔を上げたタイミングで動いて、ボールを受ける。この動きを繰り返せるかが、この試合のポイントでしたが、上手く出来ていました。

その要因としては、中3日空いたこともあったと思いますが、ボランチに山本が起用されたの大きかったと思います。中村憲剛のように1発で局面を打開するようなパスは出てきませんが、持ち味のパスして受けて、パスして受けての動きを繰り返し、様々な場所に顔を出し続けてくれました。先制点につながるランニングは、山本の持ち味が良く出たプレーだったと思います。

やっと生まれた森谷の初ゴール

この試合嬉しかったのは、森谷の初ゴールです。ここ数試合の森谷は、「得点が欲しい」という気持ちが感じられるプレーを披露していました。惜しいミドルシュートが何本もありましたし、ゴールまでもう少しというところまできていました。ディフェンスに当たってのゴールは、本人は嬉しくないかもしれませんが、ゴールはゴールです。

森谷のゴールへの気持ちを見ていて思い出したのが、本田圭佑です。VVVが2部に落ちた時、本田圭佑はよりゴールを求めるプレースタイルに変えようと試みます。しかし、中々上手くいかず、ゴールが奪えない試合が続きます。しかし、本人はゴールを奪うために、諦めずにシュートを撃ち続けました。

本田圭佑がVVVでブレイクしたシーズンの初ゴールは、DFに当たって生まれたゴールでした。DFに当たって生まれたゴールをきっかけに、本田圭佑はオランダ2部のMVPを獲得し、日本代表のエースへと成長していきました。森谷も持っている能力を考えたら、十分日本代表に入ることが出来る選手だと思います。そのためには、結果が必要です。1点で満足せず、2点、3点と積み重ねて欲しいと思います。そして、森谷のゴールが増えてくれば、川崎フロンターレのタイトルも見えてくると思います。森谷のゴール数にも、今後は注目していきたいと思います。

関連記事

森谷のミドルシュートと交代策について。2014年J1第10節 ベガルタ仙台対川崎フロンターレ レビュー
どうしてもFKを蹴りたがった森谷選手。2014年J1第9節 川崎フロンターレ対ガンバ大阪 レビュー
チーム一丸となって勝ち取ったグループリーグ突破。ACLグループリーグ 川崎フロンターレ対蔚山現代 レビュー

関連商品

 -