プライドをかけた戦いはまだまだ続く。2014年J1第26節 川崎フロンターレ対ベガルタ仙台 レビュー

2014年J1第26節、川崎フロンターレ対ベガルタ仙台は1-1で引き分け。今シーズンのベガルタ仙台との対戦は、2つの引き分けという結果になりました。

マンマークとあえてフリーにされたパウリーニョ

ベガルタ仙台の川崎フロンターレ対策は、特定の選手へのマンマークでした。

中村に富田、谷口に赤嶺がマンマークで貼りつきます。ここまではよくある対策ですが、ポイントだったのは、パウリーニョは「あえて」フリーにしておいたことです。

パウリーニョはフリーにしておいても、効果的な縦パスは出てこないし、フリーになって空けたスペースをドリブルで進んで来るわけでもない。それなら、梁勇基は特定のマークにつかずに、マンマークが振り切られた場合のカバーをすればいい。そういう考えだったのだと思います。川崎フロンターレは、見事にはまってしまいました。

中村は富田がマンマークでついてきたがわかったので、下がったり、サイドに開いたりして、マークを剥がそうとします。そうすると、ベガルタ仙台は富田が無理してついていくのではなく、梁勇基に受け渡して、富田が余るようにして、守備の穴が空かないようにしていました。

また、大久保が下がった時はセンターバックと梁勇基が挟んでボールを奪いにいくので、なかなか起点が作れません。こういう時は、小林のDFライン背後への飛び出しが効果的なのですが、縦パスが入るタイミングが読みづらいので、なかなか効果的な飛び出しが出来ません。攻めあぐねているうちに、攻められていた右サイドから失点していました。

川崎フロンターレのマンマーク対策

後半、川崎フロンターレは、中村をボランチ、谷口を左サイドバック、登里を左サイドハーフにポジションを変更します。

この変更は、3点の問題を解消することが狙いでした。1つは、中村をボランチにすることで、ボランチからの縦パスを増やすこと、2つめは、右サイドから攻められているので、谷口を起点に攻めることで大田に守備をさせる時間を増やし、相手の攻め手を奪おうというもの、そして3つめは、パウリーニョを左、中村を右にすることで、富田が右、梁勇基が左に位置していたベガルタ仙台のボランチコンビのマークをずらそう、という狙いがみえました。

ベガルタ仙台は、こ梁勇基が中村をマンマーク、赤嶺も中村をマークします。相変わらずパウリーニョにはマークがつかないのですが、谷口が左サイドバックに入ったことで、左サイドからの攻撃がスムーズになり、大田が守備をする時間が長くなったため、川崎フロンターレが押しこむようになります。

それでも状況が変わらないので、60分にパウリーニョに代えて小宮山を投入。谷口をボランチに戻します。この時間から、赤嶺が守備に戻れなくなり、ベガルタ仙台はほとんど攻められなくなります。ただ、この日は小林の動きが悪く、なかなかDFの背後を攻略できないため、川崎フロンターレは押し込んでいる割には、決定機が作れませんでした。

したがって、今日は普段のやり方を半ば諦め、森島を投入し、クロスボールで相手の守備を崩しにいきます。最後に、中村からのクロスを森島が押し込んで同点。昨年は湘南や鳥栖と戦った時に負けていた試合を、どうにか引き分けに持ち込むことが出来ました。

熱い気持ちをみせた森島のプレー

短い時間でしたが、この試合の森島のプレーからは、「やってやるぞ」といった熱い気持ちが感じられました。

鬱憤が溜まっていたと思います。なかなか細かくパスを繋ぐチームのスタイルに馴染めないのはまだしも、得点が欲しい場面で交代枠が余っているにもかかわらず、使われない上にDFやMFの選手が使われる。極めつけは、大久保の出場停止期間の2試合に、アンビョンジュンがスタメンで起用され、出場時間は5分ほど。本当に悔しかったと思います。

だからこそ、彼は1ゴールでは満足しなかったのだと思います。自分に対するサポーター、選手、そして何より出場機会を与えてくれない風間監督に対する評価を引っ繰り返したい。そして、苦しい時に支えてくれた家族の期待に応えたい。そんな気持ちが現れたプレーが、川崎フロンターレを救ってくれました。

ただ、森島と風間監督の戦いは、まだ続きます。
風間監督は、記者会見で森島に対する評価を聞かれて、こう答えました。

一つの評価はみなさん新聞の方だから聞きたいんでしょうけど、
そういうことではなくてゲームの中にどれだけ入れるのかというのが彼のテーマで、
点をとってくれたのはこれから入るきっかけにはなるのかなと思います。
すごくトレーニングでも一生懸命やっていますし、それからその中で入ってきた。
ただしさっきも言ったとおり、チームの平均のアベレージが今日はあまりにも良くなかったので、
そういう意味では一人ずつの評価ということではないと思います。

要は、「このゴールだけでは評価は変わらないよ」というわけです。まだまだ、スタメンで出るにはやるべきことがある。風間監督は、森島にそう言いたいのです。

選手は相手チームだけでなく、チームメイトや監督といった、チーム内での競争に勝たなければ、試合に出られません。そして、チーム内での競争が激しくなればなるほど、チームのレベルは上がっていきます。残り8試合、浦和との勝ち点差は5。厳しい状況には変わりありませんが、勝ち点差を縮めていくには、スタメンで出ている選手以外の活躍が不可欠です。自身の誇りをかけた熱いプレーを、もっともっと観たい。そんな事を考えた試合でした。

関連商品