nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2015年J1セカンドステージ第17節 川崎フロンターレ対ベガルタ仙台 プレビュー「来シーズンのチーム作りは始まっている」

   

川崎フロンターレ対ベガルタ仙台

2015年Jリーグセカンドステージ第17節、川崎フロンターレの対戦相手はベガルタ仙台です。天皇杯も敗退したため、この試合が2015年シーズン最後の公式戦です。大久保の3年連続得点王、谷口の全試合フルタイム出場(しかもイエローカードゼロ!)にも注目が集まりますが、敢えて違う点に注目したいと思います。

中野嘉大が受ける「中心選手として任せられるか」というテスト

この試合で注目しているのは、中野嘉大のプレーです。中野はセカンドステージ第10節のヴァンフォーレ甲府戦からスタメンに定着し、そこから6戦連続でスタメン出場を続けています。ポジションは左ウイングバックで出場する機会が多かったのですが、第16節の浦和レッズ戦、天皇杯のガンバ大阪戦では、試合中に中央のポジションでプレーする機会も得始めています。

風間監督は、将来的には中央のポジションを任せたい選手は、サイドでプレーさせて、試合のテンポに慣れてから、少しづつ中央での出場機会を増やすようにしています。谷口しかり、大島しかり、サイドでの出場機会を得てから、センターバック、ボランチでのポジションを掴みました。

この試合、中野はFWでのプレーが予想されています。この起用は、来シーズン以降、中野がチームの中心選手としてプレーする資格があるのかという、テストだと僕は捉えています。中野がFWでよいプレーを見せれば、来年は出場機会も増え、チームの中心選手として活躍する場面が増えていくはずです。しかし、この試合でよいプレーが出来なければ、今年築いた優位性はなくなり、来年はイチからレギュラー争いをしなければならなくなります。中野にとっては、この試合は消化試合ではありません。来シーズンに向けて、とても重要な試合です。

来シーズンのチーム作りのヒントはこの試合に隠されている

今まで川崎フロンターレは、大久保と中村と西部という30代の選手が、チームを引っ張ってきました。ただ、今シーズンはGKは新井がポジションを掴み、DFは谷口が引っ張り、MFは大島が中村と同等かそれ以上の存在感を披露しつつあります。少しづつ、チームの中心選手の入れ替えが進みつつあることを感じたシーズンでした。だからこそ、この試合は新井、谷口、大島といった来シーズン以降のチームを担う選手たちが、どれだけプロフェッショナルとして、勝利を目指しているか、そしてタイトルを欲しているか、見極めるには最高の試合だと思います。

この試合のように、「消化試合」と呼ばれる試合こそ、来シーズン以降のチーム作りのヒントになる要素がたくさんつまっています。試合の戦術を見どころにすると、あまり面白い試合にはならないかもしれません。しかし、来シーズンのチーム作りのヒントを探ろうという観点で試合を見ると、これほど面白い試合はありません。2014年シーズン、消化試合と言われたリーグ戦残り3試合でスタメン出場し、2015年シーズンで確固たる地位を築いたのが、武岡です。もう来シーズンは始まっています。

来シーズンの川崎フロンターレは、どんなチームになるのか。風間監督はどんな事を考えているのか。注目したいと思います。

おすすめ商品

 - , , ,