nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2016年J1ファーストステージ第10節 川崎フロンターレ対ベガルタ仙台 プレビュー「森谷に求める目に見える結果」

   

2016年Jリーグファーストステージ第10節、川崎フロンターレの対戦相手はベガルタ仙台です。

ガンバ大阪戦の前半の戦いを続けられるか

この試合のポイントは、「継続」です。

前節のガンバ大阪戦の前半で披露した、ボールを保持し、相手を押し込み、攻撃の時間を長く出来るか、注目しています。

前節のガンバ大阪戦は、攻撃の時に、谷口がDFラインに下がることで、4-1-2-3のようなフォーメーションになりました。これによって、4-1-2-1-2で守っていたガンバ大阪の守備のマークをずらし、スムーズにボールを相手陣内に運ぶことが出来ました。

ところが後半になって、ガンバ大阪が4-2-3-1のフォーメーションに変更し、谷口にマークがつくようになってから、テンポよくパスを回すことが出来ず、ガンバ大阪に押しこまれる時間が長くなってしまいました。

ベガルタ仙台は、4-4-2で守備をします。そうするとに、前節同様に谷口のポジションには特定の守備者がつかない事が予想されます。

谷口を起点にスムーズにボールを運べるか、そしてベガルタ仙台がどう対応しようとするのか、注目してください。

森谷は結果を残せるか

この試合は、森谷に注目したいと思います。森谷は2016年シーズンはここまで8試合に出場し、1ゴール。コンスタントに出場機会を得ています。

攻撃の時に、「出して、受ける」動きを繰り返し出来る事、守備の時に誰よりも率先してボールを奪いに行ける事。この2点で、森谷より優れている選手は、他にはいません。

森谷に足りないのは、ゴールです。川崎フロンターレで攻撃のポジションで出場する選手なら、シーズン10ゴールは取ってほしいです。

森谷には正確で独特の軌道を描くミドルシュートもあります。あとは、ペナルティエリアの中にもっと入って、シュートを打つこと。これが出来れば、もっとチーム内での価値を高める事ができるはずです。

大久保、中村、小林といった選手へのマークは、今後ますますきつくなってくると思います。だからこそ、森谷がゴールを取れるようになれば、より川崎フロンターレらしい、相手を攻撃で圧倒するサッカーが披露されるはずです。

僕は以前この記事でと書きましたが、森谷に凄く期待しています。日本代表を目指してもいい選手だと思います。周囲を納得させる結果を残して、中心選手としての地位を築いて欲しい。僕は森谷に期待しています。

おすすめ

 - , , ,