2017年J1第29節 川崎フロンターレ対ベガルタ仙台 プレビュー「残り6試合は、セットプレーが勝敗を分ける」

2017年Jリーグ第29節、川崎フロンターレの対戦相手はベガルタ仙台です。ルヴァンカップから続くベガルタ仙台との3連戦の3試合目で、どんなチームか、特徴はよく理解していると思いますが、改めて、第28節までのデータを基に、ベガルタ仙台のデータから分析した特徴を紹介します。

ボール支配率の割にシュートチャンスを作り出せていない

Football-LABのデータによると、シュート数を攻撃回数で割った「チャンス構築率」は10.3%でリーグ10位。攻撃回数は121.5回とリーグ7位。1試合平均のシュート数は12.5回でリーグ12位。「シュート成功率」は、10.3%でリーグ9位です。

攻撃に関するデータを詳しく分析すると、興味深いのはボール支配率の高さと30mライン侵入回数の多さです。チャンス構築率が低いチームは、ボール支配率が低いチームが多いのですが、ベガルタ仙台の1試合平均のボール支配率は、51.9%でリーグ7位。ボール支配率が高くて、シュート数が少ないチームはボールを相手陣内に運べていない事があり、30mラインの侵入回数が低い傾向があるのですが、ベガルタ仙台の30mラインの侵入回数1試合平均44.6%とリーグ7位。つまり、「ボールを保持したら、相手に奪われずに相手陣内にボールを運ぶ」というプレーが、ある程度は出来ていると読み取れます。ただ、この「ある程度」というところが問題なのだと思います。

ベガルタ仙台の問題は、枠内シュートの少なさです。1試合平均のシュート数は12.5回でリーグ12位で、1試合平均の枠内シュート数は、3.9本でリーグ13位。つまり、ボールは相手陣内に運べているものの、成功率が高いシュートチャンスを作り出せていないと言えます。ただ、シュート数から考えると、ボール支配率や30mライン侵入回数の割には、シュートチャンスを作り出せていないと言えるかもしれません。

「ボール支配率の割にシュートチャンスを作り出せていない」というデータは、守備のデータに影響を及ぼしています。

守備のデータを分析すると、シュートを打たれた数を攻撃を受けた数で割った「被チャンス構築率」は11.4%でリーグ11位。攻撃を受ける回数は123.8回でリーグ13位なので、ボール支配率の割には攻撃を受ける回数が多く、シュートを打たれる確率も高いと感じます。「被シュート成功率」は11.2%でリーグ14位。この数値から想像されるのは、ベガルタ仙台は攻撃時に人数をかけて攻撃したりするなど、リスクを負って攻撃を仕掛けているのだと思います。リスクを負っているため、相手の攻撃を受けた時に自陣にボールを運ばれ、シュートを打たれる回数も多く、失点も多い。そんな事が想像されます。

セットプレーの得点は増えたが、失点は減っていない

川崎フロンターレは現在2位ですが、首位鹿島アントラーズとの勝ち点差は5。残り6試合で、鹿島アントラーズより2勝分多く勝利しなければなりません。川崎フロンターレが6試合全て勝利し、鹿島アントラーズが4勝2敗で、初めて逆転できる勝ち点差です。力がある柏レイソル、浦和レッズ、ガンバ大阪といったチームだけでなく、残留争いをしている大宮アルディージャとサンフレッチェ広島というチームとの対戦が残っており、簡単に勝てるような試合は残っていません。

残り6試合で確実に勝ち点を挙げるためのポイントは、セットプレーです。2017年シーズンの川崎フロンターレは、セットプレー関連から16得点を挙げておりますが、この数字は2016年シーズンと同じ数字です。ちなみにセットプレー関連からの失点は、2017年シーズンは8失点ですが、2016年は12失点です。谷口が6得点を挙げているため、セットプレーから得点が増えたという印象を持っている方もいると思いますが、セットプレー関連からの得点は増えたものの、失点のペースを考えると、失点はそこまで減ってはいないのです。

得点と失点のパターンを分析すると、どんなチームも得点の割合と失点の割合が一番高いのはセットプレーです。コーナーキック、フリーキック、ペナルティーキック。きれいに相手の守備を崩して奪った得点や失点の方が少なく、相手ゴール近くで奪ったセットプレーによって、得点を奪ったり、失点したりして、勝敗が決まる事が多いのです。

川崎フロンターレが勝ち点を奪っていくためには、セットプレーでの得点を増やし、失点を減らす。ここが、ポイントになると思います。セットプレーに注目です。

おすすめ