nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

コンディションが悪くても勝てるか。2015年J1第7節 川崎フロンターレ対ヴァンフォーレ甲府 プレビュー

   

2015年Jリーグ第7節、川崎フロンターレの対戦相手はヴァンフォーレ甲府。昨シーズン第30節、ヴァンフォーレ甲府の1-2と敗れ、優勝から遠ざかりました。ヴァンフォーレ甲府の順位は現在18位ですが、決して侮れない相手です。

コンディションが悪い時にどんな試合が出来るか

この試合のポイントは、選手のコンディションです。

ナビスコカップのヴィッセル神戸戦から、中2日。前節のベガルタ仙台戦と、ヴィッセル神戸戦にスタメンで出場したのは、西部、武岡、谷口、大島、車屋、森谷の6人。エウシーニョも45分、レナトも中村もプレーしましたし、大久保、角田もベンチ入りはしています。試合はしていないとはいえ、スタメンの選手は全員神戸に移動しています。

こうした負担は、軽いものではありません。いくらプロサッカー選手とはいえ、人間です。常に同じように動けるわけではありません。川崎フロンターレは、選手のコンディションがよくない時、相手を外す動きが減り、相手ディフェンスに捕まってしまうことがあります。相手に捕まってしまうと、川崎フロンターレの強みは発揮できません。

相手がスピードをつけてボールを飛び込んできたら、DFラインの背後を狙ったり、近くの選手に素早くパスを回して、もう一度自分が受ける。自分たちを動かさずに、相手を動かす。相手を動かして、相手が外れた所を、仕留める。これが出来るかが、今日の試合の勝敗を左右すると思います。

昨シーズンの経験を活かせるか

昨シーズン、中2日の試合や海外のアウェーを、ACLとリーグ戦を並行して戦う中で経験してきました。この試合は、昨シーズンの経験を活かすチャンスです。コンディションが悪い試合で、どういう戦いが出来るか。5月10日の第11節名古屋グランパス戦まで、中3日もしくは中2日で5試合を消化します。チームとしての力が問われる5試合。どう戦うのか、注目です。

関連商品

 - , , ,