目の前の試合を戦う選手、先を見据える監督。2015年J1第7節 川崎フロンターレ対ヴァンフォーレ甲府 レビュー

2015/04/30

2015年Jリーグ第7節、川崎フロンターレの対ヴァンフォーレ甲府は、3-0で川崎フロンターレが勝ちました。

ボールを動かし、相手を動かす

この試合のポイントは、選手のコンディションでした。ヴィッセル神戸戦から中2日。選手のコンディションはベストではなかったと思います。だからこそ、パスを回し、相手を動かし、自分たちのペースでゲームを進めることが重要でした。

スカパー!で安永さんが解説されていましたが、ヴァンフォーレ甲府のフォーメーションは「5-3-2」。68mの横幅をゴール前で守る人は5人いますが、中盤は68mの横幅を3人で守らなければなりません。川崎フロンターレは、細かくパスをつなぎながら、中盤の3人を動かし、隙が出来るのを見計らっていました。細かくパスをつなぐには、相手に捕まらないようにマークを外し続けなければなりませんが、ヴァンフォーレ甲府の守備が、人よりゾーンを守ることを重視した守備だったので、捕まらないようにするのは、難しくありませんでした。

川崎フロンターレは、小林と大久保をFWに起用した、「4-4-2」でスタートしました。しかし、小林がしばらく試合から遠ざかっていたこともあってか、なかなか中央でボールを受けられず、相手を崩すまでにはいたりませんでした。そこで、30分過ぎから森谷をトップ下に据えた、「4-2-3-1」にフォーメーションを変更。ボールを受けるのが上手い森谷がトップ下に入ることで、中央からの攻撃がスムーズになりましたし、パス回しのスピードが上がりました。こうした試合中の修正が早くなってきたのも、チーム力が上がってきた証拠だと思います。

船山の出場機会が増えている理由

最近、船山の出場機会が増えています。ナビスコカップの清水エスパルス戦以降、杉本との序列が逆転し、大久保、小林の次のFW、得点を取りたい時に起用される選手の1番手としての地位を、築きつつあります。

川崎フロンターレに移籍してくると、選手は「受ける」「外す」動きとタイミングが独特なので、大抵の選手は戸惑います。しかし、船山はタイミングを見計らって相手を外し、ボールを受ける動きを短期間でものにしているようです。船山と杉本との差は、こうした動きの質や連続性にあります。だから、船山が元々持っていた相手DFの背後を狙う動きや、守備になった時に素早くボールを奪う動きが、チームを活気づけているのです。

あとは、早いパスを受けた時、ボールが正確に止まらない場面がありますので、その点が改善されれば、得意のミドルシュートを披露する場面が増えてくると思います。個人的には、船山は大久保と同等レベルの働きが出来る、唯一の日本人選手だと思っています。加入してくれたのが、不思議なくらいです。今後の活躍に期待したいと思います。

目の前の試合を戦う選手、先を見据える監督。

あえてこの試合で印象に残った点があるとすれば、風間監督の記者会見のコメントと、中村憲剛のコメントについて、微妙にゲームの進め方に考え方の差がみられたことです。風間監督はスカパー!の試合後のインタビューで、「後半テンポよくボールを回せば、もっと得点が取れた」と語っていました。一方、中村憲剛は同じくスカパー!の試合後のインタビューで、「落ち着いて試合を進めることが出来た」と語っていました。

僕は後半の戦い方は、中村憲剛の意見に賛成で、中2日ということを考えたら、テンポをむやみに上げずに無失点で戦ったことは、良かったと思います。しかし、風間監督は、こういう試合だからこそ、徹底的に得点を奪って、勝つべきだったと考えていたようです。

どちらの考えが正しい、というわけではありません。選手は、目の前の試合をきちんと勝とうとした。監督は、先の事も考えて、相手が立ち直れないほど叩きのめすこと、より高いレベルのプレーを選手に求めていた。その事が、よく分かるインタビューでした。

次の試合は、中3日で柏レイソル戦。個人的には柏レイソルのチーム作りを追っていると、4年前の川崎フロンターレと同じようなことをしているチームに思えます。柏レイソルとの試合は、いつもよい試合になります。次の試合も期待したいと思います。

おすすめ商品