nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

いかに敵陣にボールを運ぶか。2015年J1第2節 川崎フロンターレ対ヴィッセル神戸 プレビュー

   

2015年J1第2節、川崎フロンターレの対戦相手はヴィッセル神戸。いよいよ等々力陸上競技場のメインスタンドが完成。今日は、ホーム開幕戦であり、改築した等々力陸上競技場のこけら落としとなる試合です。

ネルシーニョはどう守ってくるのか

今日のポイントは、いかに敵陣にボールを運ぶか、です。

ヴィッセル神戸は、今年からネルシーニョが監督に就任しました。柏レイソルの監督をしていた時、ネルシーニョは川崎フロンターレのDFがボールをもった時に、パスコースを上手く塞ぎ、簡単にパスを出させないような守備を仕掛けてきました。パスコースがなくなった選手は、仕方なくドリブルを仕掛けてボールを奪われたり、強引に縦パスを出して、ボールを奪われる。奪ったボールを素早く空いているエリア展開し、ゴールを狙う。これがネルシーニョの狙いでした。

チームが変わっても、ネルシーニョは同じ戦い方を仕掛けてくると思います。川崎フロンターレのDFがボールを持った時、DF間のパスコース(横パス)を塞いでくるはずです。また、大島と中村のダブルボランチには、厳しいマークがつくはずです。だからこそ、川崎フロンターレのDFには、パスやドリブルを使って、相手の守備を崩すプレーが求められます。

角田はヴィッセル神戸の守備を外せるか

注目すべきは、角田のプレーです。開幕戦の横浜F・マリノス戦の前半、角田は敵陣にボールを運ぶプレーで、少くとも2回ミスがありました。前半は大島と中村にタイミングよくパスすることが出来ず、相手の守備に捕まってしまう場面がみられました。

ただ、角田が素晴らしいのは、後半に修正したところです。後半は、相手のDFの動きをみて、半歩横にステップして相手をずらし、ずらして生まれたパスコースを使って、的確に相手にパスすることが出来ていました。このプレーが、今節は前半から出来るかどうかが、大きなポイントです。前半から出来ていれば、前節の横浜F・マリノス戦のように、相手を敵陣に押し込むことが出来るはずです。出来ないと、相手の守備に捕まってしまいます。いかに敵陣にボールを運ぶか。そして、角田がどのようなプレーが出来るか。僕はこの試合は、角田のプレーに注目したいと思います。

強いチームと証明できるか

ネルシーニョは、相手の特徴を消すのが、上手い監督です。したがって、今日の試合で川崎フロンターレが持てる力を発揮出来れば、タイトルを狙えるチームであるということを、他のチームの選手やサポーターにも示すことが出来ます。本当に強いチームなら、それが出来るはずです。

関連商品

 - ,