nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2016年J1ファーストステージ第12節 川崎フロンターレ対ヴィッセル神戸 プレビュー「ヴィッセル神戸の守備をいかに崩すか」

   

2016年Jリーグファーストステージ第12節、川崎フロンターレの対戦相手はヴィッセル神戸です。

ネルシーニョの川崎フロンターレ対策を予想する

この試合のポイントは、ヴィッセル神戸の守備をいかに崩すかです。それは、ヴィッセル神戸の守備というより、ネルシーニョの川崎フロンターレ対策をいかに崩すか、と言い換えてもよいかもしれません。

ネルシーニョの川崎フロンターレ対策は、主に2点あります。1点目は中村と大島に対して、ほぼマンツーマンでマークをつけてくることです。ボランチの2人のどちらかが、中村と大島がボールを受けようとすると、自分が守るべきゾーンを捨ててでも、マークについてきます。これは他のチームでもやってきます。違うのは、2点目です。

2点目はセンターバックに対する守備です。ネルシーニョは、必ず川崎フロンターレのセンターバックの2人の間に、FWの選手を立たせます。センターバック同士のパス交換をさせないことが狙いです。そして、ネルシーニョが巧妙なのは、MFのサイドに居る選手に、川崎フロンターレのセンターバックとセンターバックの間に立たせて、センターバックからサイドバックへのパスコースを消します。センターバックからサイドバックへのパスコースを消すのは、中央方向にパスを出させたいからです。中央でボールを受けるのは、中村と大島ですが、そこにはマンツーマンで守備をする選手が待ち構えています。

前節の柏レイソル戦では、柏レイソルがそこまで川崎フロンターレのセンターバック2人に対して、ボールを奪いにきませんでした。したがって、奈良と車屋とエドゥアルド・ネットの3人で相手の守備を外し、中村と大島と大久保にテンポよくパスを回すことが出来ました。しかし、ネルシーニョがそんなことを許してくれるとは思えません。奈良とエドゥアルドの間には必ず人が立つと思いますし、前節はフリーにしてくれたエドゥアルド・ネットのポジションには、ヴィッセル神戸のFWが1人マークでついてくるはずです。

ポイントは「出して、受ける」動き

ヴィッセル神戸のように、マンツーマンで人を守ろうとするチームを崩す方法は、「出して、受ける」動きを、相手より早く、そして何度も繰り返すことです。相手の動きの逆をとりボールを受け、すぐに他の選手にボールを渡し、また受ける。「出して、受ける」動きを何度も繰り返してくると、相手の動きが止まってきます。

そして、「出して、受ける」動きを何度も繰り返すために必要なのは、「受ける場所を変える」事です。場所を変えずに受けるのではなく、1mでも2mでも場所を変えて受ける。出来れば、相手の視線を外し、相手の背中をとって受ける。相手は、人とボールを同時に追うことは出来ません。人とボール、どちらを追うかといったら、ボールを追います。ボールが動いている間に、相手の視線を外して、ボールを受けられる場所で動く。こうすれば、相手のマークを外すことが出来ます。相手もプロなので、1回で外すことは出来ません。何回も何回も繰り返して、相手のマークを外せるか。これがポイントです。

「出して、受ける」動きが上手い選手

この「ボールが動いている時に、相手の視線を外して、受ける」動きが上手いのが、大久保、中村、小林、そして登里です。中村と登里は相手に捕まらない場所に動く動き、小林は相手の背中をとる動き、大久保はフェイントをかけた後に相手から離れる動きに優れています。4人の「ボールが動いている時に、相手の視線を外して、受ける」動きに注目してください。

川崎フロンターレは、「相手の良さを消す」戦い方をするチームが苦手です。Jリーグの中でも、ヴィッセル神戸、というよりはネルシーニョほど「相手の良さを消す」ことに長けた監督はいません。相手の良さを消そうとするチームに対して、いかに戦うか。むしろ、上位チームより難しい試合になると思います。どんな試合になるのか、楽しみです。

おすすめ

 - , , ,