nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2016年J1ファーストステージ第12節 川崎フロンターレ対ヴィッセル神戸 レビュー「奈良の怪我は防げなかったのか。そして川崎フロンターレのスタッフに求めたいこと。」

   

2016年Jリーグファーストステージ第12節、川崎フロンターレ対ヴィッセル神戸は3-1で川崎フロンターレが勝ちました。

予想通りだったヴィッセル神戸の守備

この試合のプレビューでは、ヴィッセル神戸がどんな守備をしてくるかでした。ヴィッセル神戸の守備は、プレビューで予想していた通りでした。

ヴィッセル神戸は、守備の時は4-4-2のフォーメーションで守ります。FWの2人は、センターバックの奈良とエドゥアルド、ボランチの2人はエドゥアルド・ネットと大島をマークします。特にFWの増山は、奈良にパスが渡る瞬間にダッシュし、ボールを奪おうと、アクションを繰り返します。増山のアクションからは、ヴィッセル神戸がエドゥアルドと奈良だったら、奈良の方を警戒していると感じました。

ところが、ヴィッセル神戸の守備は狙い通りには上手くいきませんでした。川崎フロンターレは、センターバックに対する守備には、エドゥアルド・ネットが下がって、3対2でボールを回すことで、相手にボールを奪わせません。そして、相手ボランチの守備に対しては、中村が上手く下がったり、登里が中央でボールを受ける動きをすることで、相手にボールを奪わせません。ボランチ2人の守備が突破されると、何度もゴール前までボールを運ばれ、チャンスを作られていました。

試合開始当初は、中村が下がったら、センターバックの1人(主に伊野波)がついていっていました。ところが、伊野波が前半13分にイエローカードをもらったため、積極的に守備をすることが出来なくなりました。その後、ヴィッセル神戸はセンターバックとボランチの間のスペースを、センターバックが上がって埋めることを躊躇するようになります。ファウル覚悟の守備は、イエローカードが増えるリスクが伴います。結果的に三原が退場しましたが、僕はネルシーニョはイエローカードをもらった選手から交代させていくとばかり思ってました。したがって、三原を残して、藤田を交代させたのは、ネルシーニョらしくない交代だったと思います。

ネルシーニョは、後半開始から右サイドにいた三原をアンカーに下げて、フォーメーションを4-1-4-1に変更します。三原を中村にマンツーマンでつけて、ボランチとセンターバックのスペースを使われないようにすることが狙いでした。ところが、中村は三原のマークを察知して、わざとサイドでプレー。中央のスペースを空けるようにプレーします。

そして、センターバックに対する守備が1人減ったため、センターバックの2人は楽にボールを運べるようになりました。センターバックが奈良から谷口に代わったことも、幸いしました。谷口のほうが、奈良より上手くボールを運んだり、パスを味方につなぐことが出来ます。谷口の効果的なパスも、ヴィッセル神戸の守備を上手く崩せた要因でした。

エドゥアルド・ネットが改善した攻撃のクオリティ

川崎フロンターレは、今シーズンずっと攻撃のクオリティが例年に比べて低い試合が続いていました。相手陣内までスムーズにボールを運ぶことが出来ず、中央のエリアを攻略出来ず、サイドに逃げてしまう。そんな試合が続いていましたが、前節の柏レイソル戦、そして今節のヴィッセル神戸戦は、中央のエリアを攻略し、スムーズに相手陣内までボールを運ぶことが出来ていました。

攻撃のクオリティアップに貢献しているのが、前節からスタメンで起用されている、エドゥアルド・ネットです。エドゥアルド・ネットの良い所は、ボールを受けようと動き続けられる事です。以前はボールを止めることに苦労していましたが、ボールを止める技術が改善され、ボールを受けた後、味方にパスをするまでの動作がスムーズになり、パス回しのテンポを遅くすることがなくなりました。むしろ、エドゥアルド・ネットが披露している、走りながらボールを受けて、ワンタッチで味方にパスをするプレーは、相手の守備を崩すのに役立っています。

エドゥアルド・ネット、大島、中村の3人の関係も改善され、お互いの役割も整理されているように見えます。ボールを受けて味方にパスするエドゥアルド・ネット、ボールを敵陣に運ぶ大島、相手の守備を崩すラストパスを狙う中村。3人の個性が噛み合い、ようやく観ていて楽しい攻撃が披露されつつあります。ヴィッセル神戸の守備に苦労しなかったのも、攻撃のクオリティが上がってきたからだと思います。

奈良の怪我は防げなかったのか

完勝だったこの試合、残念だったのは奈良の怪我です。2016年シーズン、ここまでの戦いでMVPを選べと言われたら、僕は迷いなく奈良を選びます。上位争いが出来ているのは、GKのチョン・ソンリョン、センターバックの奈良とエドゥアルドの守備のおかげです。特に、1対1に強く、サイドからのパスのクリアも上手い奈良の存在は、チームにこれまでになかった安定感をもたらしていました。

奈良の怪我は、様々なことが重なったからだと思います。まず、最終予選がシーズンオフに開催されたことで身体を休ませる時間がとれなかったこと。最終予選に出場していた選手の怪我が増えているのは、身体を休ませる時間がとれなかったことと、無関係ではありません。そして、奈良の場合、武岡、井川といったDFに怪我人が続出したため、ナビスコカップも含めてフル稼働せざるを得なかったことも、要因だと思います。

試合が続いていると選手は緊張感が保ちやすい反面、身体が回復しないまま試合をするので、回復していない身体で最大限の力を発揮しようとするので、怪我のリスクは高まります。奈良を起用し続けると、怪我が起こることが想定されたのに、事前に防げなかったのが、本当に残念です。たしか、中村も奈良が怪我しないか心配していました。ナビスコカップのアルビレックス新潟戦や柏レイソル戦で休ませることが出来ていたらと思うと、本当に残念です。また、先日行われたU-23日本代表の親善試合に遠藤は選ばれなかったのに、奈良は選ばれた。どうにか避けることは出来なかったのでしょうか。

23歳前後の大怪我で活躍出来なかった選手はたくさんいる

ただ、起こったことは仕方がありません。川崎フロンターレのスタッフに求めたいのは、復帰した時によりよい動きが出来るように、選手をケアすることです。小倉、小野、森本、宮市、田中達也などなど、23歳前後で大きな怪我を負ったことで、それまでよかった身体のバランスを失い、期待されていったほどの活躍が出来なかった選手はたくさんいます。

大抵身体のバランスを失う要因は、患部をケアするために周辺の筋肉を必要以上に鍛えたり、患部以外の場所を鍛えすぎて、元々もっていた身体のバランスを崩してしまうことが要因です。もちろん、奈良は世界一のDFではありませんので、改善点はたくさんあると思います。しかし、あくまで優先すべきは、怪我の回復です。バランスが崩れた状態で、他の部分を鍛えると、改善点を改善させることも出来ません。奈良が怪我する前のパフォーマンスは、日本代表に選ばれてもおかしくないほどのパフォーマンスだったと思います。それほどの選手を、怪我で失ってはなりません。

ただ、奈良の怪我は他の選手にとってはチャンスです。特に、2016年シーズンで思うように活躍出来ていない武岡や谷口のような選手にとっては、奈良の不在は自らの力を示すチャンスです。板倉だってチャンスが来るはずです。来週以降、大島や原川も不在になります。選手の不在を嘆くのではなく、出場した選手が活躍出来るか。チームの力が試されています。

特に、来週は中3日でナビスコカップのサガン鳥栖戦、中2日でアルビレックス新潟戦と厳しい日程が続きます。この2試合をどう乗り切るのか。そして、この2試合をどんなメンバーで臨むのか。注目したいと思います。

おすすめ

 - , , ,