大人の音楽のカッコ良さ知ってるかい?近藤房之助「Travelling」

2015/07/25

1968 vol.2~DOWN HOME~

最近お気に入りでよく聴いているのが、近藤房之助さんの「Travelling」。ブルース独特のグルーヴに近藤房之助の渋い声が乗っかり、カッコイイ演奏に仕上がっていて、何度も何度も聴いています。曲の途中で、近藤房之助さんが歌っている場所の地名を歌うのも、この曲の特徴です。YouTubeを調べたら、様々な「Travelling」のバージョンがアップされていたので、ご紹介しますので、ぜひ聴いてみてください。

Traveling 近藤房之助 x 大村憲司 x 西慎嗣/h2>
大村憲司さん、西慎嗣さんと共演したバージョン。大村憲司さん、むすっとしたような顔で弾いてるんですけど、かっこいいんですよね。

Travelling(featuring Shinji Omura)

大村憲司トリビュート・コンサートで演奏された「Travelling」は大村憲司さんの息子である大村真司さんとの共演。
大村真司さんのギターは荒っぽくって僕は好きです。

大村憲司を知ってるかい?

近藤房之助さんのバックとして眼を閉じながらギターソロを弾いているのが、YMOや赤い鳥のバックバンドで活躍した大村憲司です。1998年11月に亡くなりましたが、大村憲司さんが奏でるギターの音は、太くて存在感があって、大好きです。
伝説のギタリスト、大村憲司さんのことが詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

おすすめ商品

「Travelling」が収められた近藤房之助さんのバンドのライブアルバム。欲しい。

大村憲司さんのファースト・アルバム。個人的には「春がいっぱい」が好きなんですが、Amazonには在庫がありませんでした。残念。

ファースト・ステップ

900円
(2013.12.06時点)
posted with ポチレバ

大村真司さんが参加しているバンド「MIDNIGHTSUNS」の1st ALBUMはこちら。