風間監督が与えたメッセージについて考える。2014年Jリーグナビスコカップ準決勝 1st leg ガンバ大阪対川崎フロンターレ プレビュー

2014年Jリーグナビスコカップ準決勝 1st leg、川崎フロンターレの対戦相手はガンバ大阪。この試合から、アウェー、ホーム、アウェーと続く、ガンバ大阪との3連戦の初戦です。

風間監督がどんなメッセージをチームに与えたのか

この試合の注目ポイントは、風間監督がどんなメッセージをチームに与えたのか、です。

僕なりに風間監督がどんなメッセージを与えたのか、考えてみました。

1つ目は、「自分たちはどう戦うのか」というチームの進むべき道を、改めて明確にしたのではないかと思います。

アルビレックス新潟戦のレビュー記事にも書きましたが、風間監督はこれまでチームが停滞している時、都度チームの進むべき道を示すことで、チームを立て直してきました。

昨シーズン終盤、風間監督は「4-1-2-3」というフォーメーションを採用し、守りを優先するようになっていたチームに、自分たちはどうやって戦いたいのかを、フォーメーションという形を変えることで、改めて明確にしました。このアプローチが、シーズン終盤の追い上げにつながり、結果3位でシーズンを終えることが出来ました。

2つ目は、「目指す戦い方を実現させるにはどうするべきか」という事を、トレーニングで明確にしたのではないかと思います。

アルビレックス新潟戦は、相手の守備に捕まってしまう場面が多く、攻める時間を増やすことが出来ませんでした。この2日間の練習でどこまでやったのかは分かりませんが、たぶんこの2日間は、プレッシャーのきつい環境を作った上で(コートを狭くする、味方の数を減らす、など)、いかに相手の守備をいかに崩すのか、改めて再確認したのではないかと思います。

自信を持ってプレーすること

川崎フロンターレのサッカーで最も大切なことは、自信を持ってプレーすることです。一度失敗しても「必ず出来る」と信じて、何度でもトライする。一度上手くいかなかったら、やり方を変えて試してみる。一人一人の自信の積み重ねによって、あの魅力的な攻撃サッカーは成り立っています。

アルビレックス新潟戦は、チーム全体が自信を失っているように見えました。風間監督はどんなメッセージをチームに与えたのか。そして、そのメッセージはどんな効果があったのか。ガンバ大阪3連戦の初戦は、そこに注目したいと思ってます。

タイトルがかかった3連戦の初戦、しびれます。
楽しみです。

関連商品