三つの狙い。勝負事にマジックはない。2014年Jリーグナビスコカップ準決勝 1st leg ガンバ大阪対川崎フロンターレ レビュー

2014年Jリーグヤマザキナビスコカップ準決勝 1st leg、ガンバ大阪対川崎フロンターレの試合は、1-3でガンバ大阪が勝ちました。川崎フロンターレが決勝に勝ち進むには、最低でも2-0での勝利が必要になりました。ただ、終了間際に田中裕介がアウェーゴールを奪ったことで、勝ち抜く確率がかなり高まりました。本当に貴重なアウェーゴールだったと思います。

この試合は、風間監督がどんなメッセージをチームに与えたのか、注目していました。風間監督はこの試合に臨むにあたって、谷口と實藤のセンターバック、井川の左サイドバック、小宮山の右サイドハーフ、大島のワンボランチの「4-1-2-3」というフォーメーションにシステムと人の配置を変更してきました。

この変更は、3つの狙いがあったと思います。

DFを高く保つための谷口と實藤の起用

1つ目は、谷口と實藤のセンターバックコンビにすることで、DFラインを高く保ち、より相手ゴールに近いところでプレーしたいという狙いがありました。

ジェシと井川のセンターバックコンビに比べて、谷口と實藤の方がスピードがあるため、DFラインの背後にボールを出されても、カバーすることが出来ます。また、谷口と實藤のセンターバックコンビのほうが、パスをつなぐプレーが上手いので、相手がプレッシャーをかけてきたところを上手く外し、攻撃を仕掛けたかったのだと思います。

パトリック対策だった井川の起用

2つ目は、パトリック対策です。

パトリックはFW登録ですが、右サイドでプレーする時間が長い選手です。大柄ですがスピードがあり、前方にスペースがある場所でプレーするときは脅威です。また、サイドでプレーする場合、競り合うのは主にサイドバックの選手なので、体格に勝るパトリックは、競り合いで優位に立つことができるので、多少アバウトなボールを蹴っても、ボールをキープできる確率が高いのです。

ガンバ大阪は、試合序盤はパトリックにDFラインの背後を狙わせ、相手のDFラインを下げさせます。相手のDFラインを下げさせ、宇佐美、大森、阿部といった選手がドリブル出来るスペースを作り、遠藤の正確なパスと組み合わせて、多彩な攻撃を仕掛けてきます。

井川を左サイドバックにすることで、パトリックの突破を防ぎ、相手の攻め手を奪うことで、自分たちの攻撃する時間を長くしようというのが、狙いだったのだと思います。(風間監督は記者会見で「ボールをもう一つつける場所が欲しかった」というのは、メディア向けの回答だと思います。)

大島をフリーにしたい

3つ目は、大島をフリーにすることです。

ガンバのシステムは「4-4-2」です。「4-1-2-3」にすると、中盤の「1」のポジションの選手がフリーになります。この試合では、大島が「1」のポジションを務めました。中村が欠場したため、大島へのマークが厳しくなると考え、大島がフリーになりやすいシステムを採用することで、攻撃をスムーズにしようという狙いがありました。

すぐに対応したガンバ

試合開始10分くらいまでは、この変更の効果があったと思います。しかし、ガンバがすぐに対応してしまったことで、とたんに効果がなくなってしまいました。パトリックを少し中央寄りでプレーさせ、井川の背後ではなく、谷口の背後を狙わせるようにし、大島には遠藤がマークにつくようになります。攻撃の際には、大島の両脇のスペースに阿部と大森と宇佐美が顔をだすことで攻撃の起点を作り、大久保と森谷が守備に戻る場面が増えました。

先制点を奪われてからは、ボールを保持することは出来ましたが、相手は攻めてきたところのカウンター狙いに切り替えてきました。落ち着いてボールを保持しながら最小失点でゲームを進められればよかったのですが、ミスから失点した2点目、3点目は余計な失点でした。

90分出場した森島

この試合、数少ない収穫は、森島のプレーだと思います。移籍してから、Jリーグ、ナビスコカップ通じて初めての90分フル出場。ボールを引き出す動きが向上し、ポストプレーで攻撃の起点になっていました。後半終了間際の山本のパスを決めてくれれば完璧でしたが、期待されて加入した森島が、ようやくチームの戦い方に慣れてきたのは、今後の事を考えると大きいと思います。

あとは、大分の時のように、多少強引にシュートを打つプレーがみられれば、ゴール数も増えてくると思います。次の試合もスタメンで起用されると思いますので、期待したいと思います。

簡単にはよくならない

この試合を観ていて、物事にマジックというのはないのだなと改めて感じました。今、チームは少し自信を失っていて、フィジカルコンディションもよくありません。風間監督はその事をわかった上で、大胆な変更を行いましたが、劇的な効果がみられたわけではありませんでした。

シーズンも終盤に差し掛かっている時期ではありますが、辛抱が必要な時期なのだと思います。の試合まで中2日しかありませんが、選手の奮起に期待したいと思います。

関連商品