nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2016年J1ファーストステージ第9節 ガンバ大阪対川崎フロンターレ プレビュー「ピンチの時こそどう勝つか」

   

2016年Jリーグファーストステージ第9節、川崎フロンターレの対戦相手はガンバ大阪です。

「目が揃っているか」を優先した選手起用

ここ数試合、しつこいくらい「攻撃のクオリティ」と「谷口彰悟」の2点に注目してきました。このチェックポイントをしつこいくらい注目する理由はなぜか。それは、現在の川崎フロンターレの状態を判断するのに、このチェックポイントが最も分かりやすいと思っているからです。

正直、今節のガンバ大阪戦は、この2点のチェックポイントで判断しようとすると、川崎フロンターレにとって、しんどい試合になりそうな予感があります。怪我人とエウシーニョの出場停止が重なり、右サイドバックには登里の起用が予想されています。登里の右サイドバックは、ガンバ大阪相手だと奇策でしかありません。

登里を右サイドバックで起用するのは、利き足という判断基準より、「フリーの定義」が揃っている選手でサッカーをやりたいからです。風間監督は、よく「目が揃っているか」という言葉を使います。「受ける」「外す」「止める」「運ぶ」といったプレーの基準が揃っている選手であれば、極端なことをいうと、ポジション関係なく、どこでも戦える。そんな考えを持っているからです。

ただ、登里の右サイドバックで90分戦えるとは思いません。僕はその場合の「プランB」があるのか、注目しています。実は、僕は右サイドバックは森谷が起用されるんじゃないかと思っていました。森谷ならサイドでのプレーも出来ますし、守備もある程度なら出来ます。そして、攻撃の時のミスも少ない選手です。僕は左サイドハーフに起用される森谷と登里が入れ替わるのが、「プランB」だと思っています。ただ、「プランB」を早々に使うということは、既に相手に先手を取られている状況なので、プランをころころ変えるのは、避けたいところです。

ボランチで谷口はきっかけをつかめるか

そして、注目しているのは、谷口彰悟のプレーです。僕がしつこいくらい谷口のプレーに注目するのは、なぜか。それは、谷口が直面している課題は、そのままチームの課題だと思っているからです。

2016年シーズンの谷口は、ボールが受けられない、外せない、止められない、運べない。目に見えない判断のミスではなく、誰でも分かるようなミスが目立ちます。風間監督は大久保、中村、小林と同じくらい谷口を信頼しているので、どうすれば谷口がきっかけをつかめないかと考え、様々なポジションでプレーさせてきました。

相手の守備を外しやすいサイドバックでプレーさせたり、センターバックに戻したり、どこで起用したら上手くいくのか、本人もチームも試行錯誤が続いています。そして、今節はボランチでの起用が予想されています。大学時代から慣れ親しんだポジションです。

僕は谷口の強みが最も活きるポジションは、ボランチだと思っています。谷口をボランチで起用することで、ボールを奪う位置をより相手ゴールに近くすることが出来ます。そして、センターバックに奈良とエドゥアルドがいるので、もっと早い段階で採用されてもよい選択肢だったと思います。なんでこのタイミングでという思いはなくもありませんが、谷口がボランチに入ることで、中村が大久保に近いポジションでプレー出来れば、中央から攻撃出来ないくらい下がっていた「攻撃のクオリティ」の問題を解決することが出来るかもしれない。僕はそう考えています。

怪我人続出、出場停止でエウシーニョが不在、連敗中で相手がガンバ大阪。今シーズン最初のピンチとも言える試合だからこそ、「どう勝つか」に注目しています。「受ける」「外す」「止める」「運ぶ」という動きの質で相手を上回り、ガンバ大阪の守備を崩せるか。崩せる手段は限られるかもしれませんが、チームとしてトライ出来るか。何回出来るかわかりませんが、僕はそこを観たいと思っています。

おすすめ

 - , , ,