nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2015年Jリーグチャンピオンシップ決勝 ガンバ大阪対サンフレッチェ広島 第1戦レビュー

   

ガンバ大阪対サンフレッチェ広島

2015年Jリーグチャンピオンシップ決勝第1戦、ガンバ大阪対サンフレッチェ広島は3-2でサンフレッチェ広島が勝ちました。この試合で、印象に残った点は2点あります。

青山を警戒したガンバ大阪の守備

1点目は、ガンバ大阪の守備です。この試合、ガンバ大阪はFWに長沢を起用し、長沢の背後に宇佐美を配置する、「4-2-3-1」のフォーメーションを採用しました。このフォーメーションを採用した狙いは、サンフレッチェ広島のキーマンである青山をマークしたかったからではないかと、僕は思いました。

サンフレッチェ広島のDFがボールを持った時、長沢は千葉と森崎和幸の間に立ちます。宇佐美は長沢と横並びになることなく、少し下がり気味に立ち、青山へのパスコースを消します。青山は遠藤がマークについているので、ボールを持つと宇佐美と遠藤の2人で挟み撃ちにして、自由にプレーさせません。この守備が成功したことが、前半はガンバ大阪のペースで試合を進められた要因の1つだと、僕は思います。

ただ、この守備が成功したのは、前半までです。後半は中3日で延長戦明けというということもあり、ガンバ大阪の動きが鈍くなり、少しずつ青山がボールをもつ時間が長くなり、サンフレッチェ広島ペースで試合が進むようになりました。ただ、第2戦もガンバ大阪は同じように青山をマークしてくると思います。サンフレッチェ広島がガンバ大阪の対策を踏まえて、どのように対応してくるのか楽しみです。

絶妙なタイミングだった清水から山岸への交代

2点目は、森保監督の采配です。この試合、後半41分にオ・ジェソクが清水を突き飛ばして退場。ガンバ大阪は10人で戦うことになりました。その直後、サンフレッチェ広島は退場の要因になった清水に替えて、山岸を投入します。この交代のタイミングが絶妙でした。

なぜ絶妙だったかというと、退場の原因となった選手がいなくなったことで、ガンバ大阪は怒りや不満をぶつける先がなくなってしまったからです。

退場の引き金になった選手がフィールドに残っていると、その選手に対するコンタクトが強くなったりすることがあります。選手も人間なので、そう振る舞うことで感情をコントロールしていくのです。

しかし、清水が交代したことで、ガンバ大阪側には、ぶつける先がない不満のエネルギーが渦巻いているようにみえました。時間が進むにつれて、そのエネルギーが引き起こす混乱が、チーム全体に広がっていくように見えました。

また、サンフレッチェ広島側の立場で考えると、退場の要因になった選手を残しておくと、相手からも狙われやすくなるだけでなく、興奮状態にある場合に余計なファウルをしたり、正しい判断が出来ずにチームのリズムを乱すことがあるので、フィールドに残しておくのは効果的ではない場合があります。

森保監督はこうした点も考慮して、清水から山岸への交代に踏み切ったのではないか。僕はそう思いました。チャンピオンシップという大舞台で、冷静に采配を振るう、Jリーグを2連覇させている監督のマネジメント力に感心しました。

第2戦は残り15分の戦い方に注目

第2戦のポイントは、ガンバ大阪がどう戦うかです。第1戦は先制点を奪いながら、後半に息切れし、勝ちきることが出来ませんでした。勝利が求められる第2戦ですが、僕は前半から勝負をかけるような戦い方はしてこないと思います。

0-0で残り15分をむかえるような、緊迫した展開になると予想しています。残り15分に得点が欲しい時に、ガンバ大阪がどう戦うのか。そして、サンフレッチェ広島がどう戦うのか。タイトルがかかった時間帯に、両チームの監督がどんな判断を下すのか。そこに注目したいと思います。

おすすめ

 - , , , ,