nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

書評「今いるメンバーで「大金星」を挙げるチームの法則――『ジャイアントキリング』の流儀」(仲山 進也)-サッカー日本代表のチーム作りの問題点-

   

会社の本棚にあったので、思わず手にとって読んでみました。本書「今いるメンバーで「大金星」を挙げるチームの法則――『ジャイアントキリング』の流儀」は、楽天で店舗の成長を促す「楽天大学」を設立した「チーム作りのプロ」が、成果を出すためのチームを作るための成長法則を、人気マンガ「ジャイアントキリング」の例を交えて紹介した書籍です。

僕はジャイアントキリングを読んだことはありません。しかし、本書を読み終えて感じたのは、本書でジャイアントキリングを例に語られているチーム作りは、風間監督が川崎フロンターレで実行してきたことと、ほとんど同じではないかということです。それともう1つ感じたのは、サッカー日本代表のチーム作りには問題があるのではないかということです。

本書によると、チーム作りは4つの段階に分けられるそうです。

  1. フォーミング(形成期)
  2. ストーミング(混乱期)
  3. ノーミング(規範期)
  4. トランスフォーミング(変態期)

サッカー日本代表はフォーミングで止まっている?

本書によると、フォーミングの時期に、優秀なリーダーによって、「こうすると結果が出るよ」と答えを教えると、すぐにまとまり、結果は出るのだそうです。しかし、優秀なリーダーによって、結果を出すための答えを教えてしまうと、ずっと「フォーミング」のまま推移し、本当のチームにはならないというのです。むしろ、「ストーミング」をいう混乱期へと促し、メンバーの自己主張を促し、時に対立や衝突を恐れず、むしろ面白がることがリーダーには求められているというのです。

僕がこの話を読んで思い出したのは、サッカー日本代表の事です。サッカー日本代表のキャプテンは、長谷部です。チームメイトの信頼も厚く、チームを引っ張る姿に、理想のリーダーの姿を重ねる人もいると思います。しかし、今のサッカー日本代表というチームは、長谷部という優れたリーダーがいることによるデメリットとして、自己主張や対立するほどの意見交換が行われず、お互いの個性が引き出されない状況になっているのではないかと思うのです。

ストーミングが行われていない?サッカー日本代表

僕自身の経験として、上手くいくプロジェクトには、共通していることがあります。それは、プロジェクト開始初期に、関わっているメンバーの意見を出し合い、ぶつけあって、お互いの意見が異なる部分を洗い出し、目指すビジョン、目標、成果を共有することが出来たプロジェクトです。上手くいかないプロジェクトは、開始初期は何も言われないのですが、公開直前になって様々な問題や意見が噴出し、しまいには「こんな事プロジェクト開始時に言われなかった」と言われたりしたこともあります。つまり、フォーミングだけでなく、ストーミングを経ることが、とても重要なのです。

今のサッカー日本代表は、ストーミングが行われているように思えません。ストーミングが行われる前に、長谷部、本田、長友といった実績があるリーダーたちが、チームを丸く収めているため、お互いの意見のすり合わせが行われずに進んでいる気がします。このままだと、2014年のブラジルワールドカップの時のように、大会前になって監督と選手たちの意見が一致しない点が出てきた時にあわててすり合わせようとした結果、本大会までに調整が間に合わなかったということになりかねない気がします。

ハリルホジッチは、なんとなくその事に気がついている気がします。だからこそ、ハリルホジッチはわざと波風が立つような発言をしたり、エキセントリックな行動をしたり、選手に考えさせるような練習を与えたりしています。しかし、2002年のフィリップ・トルシエの時は、トルシエがストーミングを巻き起こしても、周囲がその事に協力し、選手もしぶしぶながらついていきました。ただ、今は2002年の時と状況が違います。関係者も増え、ハリルホジッチに対するサポートもトルシエの時ほど十分ではありません。ストーミングを起こそうにも、小さな渦が大きな竜巻になる前に消滅しているように見えます。

「予選の時に苦戦したチームほど、本大会で勝ち進む」ことがあるのは、ストーミングが起こることで、選手個人個人が「どうやったらチームが勝つことが出来るのか」という事を、必要に迫られて考えるようになり、お互いの意見をすり合わせるようになるからだと思います。もちろん、ストーミングが起きた後にチームが崩壊してしまう事もありますが、個人個人が腹の底に隠している主張をぶつけ合わないと、真のチームにはならないのです。今のままだと、サッカー日本代表は大して苦労もせずにアジア予選を勝ち抜き、ワールドカップで前回同様にこてんぱんに負けるイメージしか浮かびません。僕はキャプテンを代えても良いと思います。長谷部は素晴らしいリーダーですが、長谷部がリーダーであることの問題のほうが、今は大きくなってきている気がします。

そして、優秀なリーダーであればあるほど、個人の事よりチームの事を優先してしまいがちです。その結果、リーダー自身のパフォーマンスが落ち、チームメイトの信頼を失うということもあります。長谷部はチームメイトの信頼を失うほどパフォーマンスを落としてはいませんが、他の人に気を遣いすぎなのではないか。そんな気がします。

リーダーが100%を発揮できるチームを作る

余談ですが、風間八宏さんが川崎フロンターレの監督に就任した時、中村憲剛に「お前が100%の力を発揮できるチームを作ってやる」と語ったそうです。本書には、ジャイアントキリングでETUの達海猛がキャプテンの村越をキャンプの時にはAチームから外した後、自分の事だけ考えて、リスクを犯して素晴らしいプレーをした後に、キャプテンマークを渡すシーンが紹介されています。

まずは、自分が出来ることをやる。そして、自分の力を最大限に発揮してチームを勝たせる。その姿勢をチーム全体に波及させることが出来る選手が、自ずとリーダーとなる。そんな事を本書は教えてくれます。本当に学びの多い本です。ぜひ手にとって読んでみてください。

おすすめ

 - , , , ,