【noteで公開中】2017年J2第1節 名古屋グランパス対ファジアーノ岡山 レビュー

2017年J2第1節、名古屋グランパス対ファジアーノ岡山は、2-0で名古屋グランパスが勝ちました。

2016年シーズンから名古屋グランパスはメンバーが多く入れ替わり、そして、新しい監督が就任しました。2016年の開幕戦のスターティングメンバーと比較すると、2年連続でスターティングメンバーとして名を連ねたのは楢崎のみ。ベンチに入ったメンバーも含めても、和泉とシモビッチのみ。そしてスターティングメンバーで2016年シーズンに在籍していた選手は、楢崎、杉森、和泉の3人のみ。全く新しいチームとなったということが、開幕戦のスターティングメンバーからも分かります。

しかし、2017年シーズンから監督に就任した風間監督は、川崎フロンターレで監督を務めていた時から、「時間がない」「負けが続いていてピンチ」といった状況ほど、何か新しい事を仕掛けてくる監督です。新しいことを浸透させる時間がないから特に何か目新しいことはしないだろうと思っていたら、ちゃんと仕掛けを用意していました。

この続きは昨日公開したnoteで有料で公開しています。書いているトピックスは、主に以下の3点です。

  • 風間監督が仕掛けたフォーメーション変更を読み解く
  • 2017年の名古屋グランパスのキーマン
  • まだ試行錯誤中のチームの改善点は?

有料ではありますが、名古屋グランパスの現状と風間監督が考えている事のヒントを読み解けるコンテンツです。ぜひnoteで読んで頂けると嬉しいです。

>>2017年J2第1節 名古屋グランパス対ファジアーノ岡山 レビュー「風間監督が仕掛けた攻撃時のフォーメーション変更」<<