nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

【noteで公開中】2017年J2第2節 名古屋グランパス対FC岐阜 レビュー

   

2017年J2第2節、名古屋グランパス対FC岐阜は、1-1の引き分けでした。

この試合の前半は、名古屋グランパスはほとんどの時間でボールを持つことが出来ませんでした。FC岐阜が前半45分を通じてボールを保持し、名古屋グランパスは敵陣にほとんどボールを運ぶ事が出来ませんでした。

名古屋グランパスがボールを運べなかった要因は、FC岐阜がやりたかった戦い方に、まんまとハマってしまったからです。名古屋グランパスがFC岐阜の戦い方にハマってしまった理由は3点あります。

この続きは昨日公開したnoteで有料で公開しています。書いているトピックスは、主に以下の4点です。

  • 前半の名古屋グランパスの問題点
  • ワシントンを前半から出場させた理由
  • 前半の問題点をどのように解決したのか
  • 今の名古屋グランパスのキーマン

この試合を振り返ると、短期間で戦い方を浸透させた大木監督、後半見事に立て直した風間監督。両監督の素晴らしい仕事が、好ゲームを演出した要因だと思いました。ちなみに、風間監督は、フォーメーションの変更などを用いて、試合中に修正策を施すのがとても上手い監督なのですが、あまり多くの方にその事が理解されていません。風間監督が施した修正策について、詳しく書いておりますので、ぜひ読んで頂けると嬉しいです。

>>2017年J2第2節 名古屋グランパス対FC岐阜 レビュー「何も出来なかった前半からどう立て直したのか」<<

 - , , ,