機能しなかった井川と3-4-3がもたらした停滞。2014年J1第22節 名古屋グランパス対川崎フロンターレ レビュー

2014年J1第22節、名古屋グランパス対川崎フロンターレは、1-1の引き分け。第10節のベガルタ仙台戦以来の引き分けに終わりました。

パス回しに影響したグラウンド状況

前節の横浜F・マリノス戦もそうだったのですが、試合会場の瑞穂陸上競技場は、季節の変わり目ということもあり、芝生が生えそろっておらず、グラウンドがデコボコしている箇所がありました。そのせいか、川崎フロンターレの選手はボールを止めづらそうにしていました。

グラウンドが悪く、トラップに神経を使わなければならないため、パス回しが普段より遅くなりました。サイドが空いているので、サイドからは攻めることができていましたが、中央からはなかなか攻めることが出来ませんでした。普段より攻撃の精度を書いたように見えたのは、グラウンド状況も少し影響したと思います。

機能しなかった井川

この試合は、登里の代役として井川が先発。小宮山が左サイドハーフに入り、井川が3バックの左に入りましたが、結果的には上手くいきませんでした。

川崎の3-4-3で3バックに求められる役割は、他のチームの3バックの選手とは、微妙に異なります。特に、左右のDFは、サイドをカバーし、時には攻め上がっていく動きが求められます。どちらかというと、動きはサイドバックに近いのです。

しかし、井川の今日の動きは、センターバックとしての動きでした。守備の時に必要以上に中央に絞ってしまうため、サイドのカバーに小宮山が戻らなければなりません。小宮山が戻ることで、相手右サイドバックの矢野の前にスペースが出来てしまい、前半は左サイドから何度も押し込まれてしまいました。

攻撃時の井川のプレーも物足りなさが残りました。井川がセンターバックだとしたら、合格点のプレーです。正確なパス出しで攻撃の起点となるプレーもありました。しかし、3バックの左として求められているのは、時に大胆にサイドを攻め上がったり、左足で中央に位置する選手に縦パスを出して、中央からの攻撃を促すプレーです。

ただ、中央からの攻撃を促すプレーは、小宮山が左サイドのDFを務めていた時も、物足りなく感じたプレーです。こういうプレーは、左利きの選手でなければ、なかなか出来ません。ちなみに、川崎フロンターレには、福森という長身で左利きの選手がいるのですが、なかなかレギュラーに定着出来ていません。彼がレギュラーに定着できれば、3-4-3は素質はピカイチなので、頑張って欲しいです。

3-4-3がもたらした停滞

この試合は、後半から田中裕介を投入し、4-4-2にすることで攻撃の時間を増やすことに成功しました。これは、まだ3-4-3での戦い方を、チームで消化出来ていないことを意味しています。そして、進化を求めて導入した3-4-3が、逆にチームの停滞をまねく要因になっているような気がするのです。

このブログで何度も語ってきましたが、3-4-3は攻守のバランスを取るのが難しいフォーメーションです。ハマった時は、攻撃する選手が多いので、セレッソ大阪戦の前半のように、どこからでも得点を奪うことが出来ますが、反面、ちょっとリズムが悪くなると、DFの数が少ないので、簡単に失点してしまいます。

失点が多いと、勝ち点が増えません。第22節終了時点での浦和レッズの失点数が18、サガン鳥栖が19。この2チームと比べると川崎フロンターレの失点数28は多いです。得点が失点をカバーできるくらい多ければ良いのですが、浦和レッズが35、川崎フロンターレが39と失点数の多さをカバー出来ているとはいえません。

得点をより奪うために導入した3-4-3ですが、得点と勝ち点の増加に繋がっていないところが悩ましいです。風間監督就任後の川崎フロンターレは、3歩進んで2歩下がるといった具合に、大きな進歩が見られたら、少しの後退を繰り返して、進化してきたチームです。

3-4-3を簡単にやめることはないと思うのですが、今後チームを進化させていくためにどういう策を打つのか。中3日でナビスコカップ(しかもアウェー)があるため、大きな修正はできないと思うのですが、短い期間でどう修正してくるのか、注目したいと思います。

関連記事

勝敗を分けた2つの要因とサポーターの挑発行為について。2014年J1第21節 横浜F・マリノス対川崎フロンターレ レビュー
勝つときは汚く、負けるときはきれいに。クライフイズムを感じた川崎フロンターレの「3-4-3」。2014年J1第20節 川崎フロンターレ対セレッソ大阪 レビュー
守備は浦和、攻撃はバイエルン。新たな可能性を感じる川崎の「3-4-3」。2014年J1第19節 川崎フロンターレ対浦和レッズ レビュー

関連商品