nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

サンフレッチェ広島戦の反省を活かす。2015年J1第11節 名古屋グランパス対川崎フロンターレ レビュー

   

2015年Jリーグ第11節、名古屋グランパス対川崎フロンターレは、1-0で川崎フロンターレの勝利。連敗を3で止めることが出来ました。

永井を封じたエウシーニョ

この試合の勝因を一言で言うと、前節のサンフレッチェ広島戦の反省を活かしたことに尽きます。サンフレッチェ広島戦は、特に攻撃に課題が残ったゲームでした。風間監督は、左右と中央を攻撃することについて、「ペナルティエリアの三辺を攻略する」という言い方をします。サンフレッチェ広島戦は、攻撃が左サイドと中央に偏ってしまい、右サイドからほとんど攻撃をすることが出来ませんでした。

この試合では、左サイド、中央からだけでなく、右サイドからもチャンスを作ることが出来ていました。その要因は、エウシーニョです。名古屋グランパスの左サイドは、永井。守備が得意な選手ではありません。エウシーニョは、何度も何度も永井の裏に走り、ボールを受ける動きを繰り返しました。この動きが、決勝点のアシストにつながったと思います。

また、エウシーニョの動きは、永井に守備を意識させる効果をもたらしました。エウシーニョを警戒するあまり、永井はポジションが下がり、なかなか攻撃に絡めません。攻撃に絡むためには、普段以上に走ることが求められましたが、この日の永井の走行距離は、9.84km。連戦中ということもあり、走行距離を増やすことが出来ませんでした。エウシーニョが永井より優位に立てたことが、この試合に勝てた大きな要因だと思います。

中心選手の不在がよい結果につながる

この試合は、中村、西部というチームの中心選手が不在でした。しかし、代わりに出場した森谷と新井が素晴らしいプレーを披露しました。森谷は、持ち味の運動量、ボールを受ける動き、そして激しい守備をみせてくれました。特に中村にはない激しい守備が、優位に試合を進めた要因だと思います。

新井はボールをキャッチして、直ぐにスローインやパスをつなぐプレーが、素晴らしかったです。素早くパスをつなぐことで、カウンター攻撃につながった場面や自分たちの時間で攻撃する時間を増やすことが出来ました。

この試合は、中心選手がいないので、代わりの選手や他の選手が不在をカバーしようと、普段以上によい動きをみせていました。たぶん選手たちには、「中心選手がいないから負けたとは言われなくない」という意識があったのだと思います。そして、自分の存在をアピールしようという意識も、選手のプレーから感じることが出来ました。

どうにか、3連敗で止めることが出来ましたが、次節はアウェーでガンバ大阪戦。難しい相手が続きます。ただ、今日のように、戦うことが出来れば、十分チャンスはあると思います。ようやく、連戦が終わり、中5日空きます。よい試合を期待したいと思います。

おすすめ商品

 - , , ,