2017年J2第2節 名古屋グランパス対FC岐阜 プレビュー「注目している2人の選手と、チームの成長度合いを測る判断基準」

2017年J2第2節、名古屋グランパスの対戦相手はFC岐阜です。

僕は、風間監督が就任した名古屋グランパスのサッカーを深く理解する上で、これから紹介する2人にしばらく注目したいと思います。

攻撃をコントロールしている八反田

1人目は、八反田です。筑波大学時代に風間監督の下でプレーした経験をもつ八反田は、2017年シーズンに名古屋グランパスに加入。副キャプテンも務めています。八反田が2016年シーズンでプレーしていたのがJ3の大分トリニータですし、2016年シーズンは14試合のみの出場と、出場試合数も多くありません。そう考えると、八反田は風間監督の下でプレーした経験と、風間監督の指導への理解度が高いことを評価されて入団した選手といえます。

開幕戦を観ていて感じたのは、今の名古屋グランパスの攻撃をコントロールしているのは、八反田だということです。八反田がボールを持ち、相手ゴール方向を向き、相手ゴール方向にパスをした時に、攻撃がスタートします。八反田は、何度も、何度も「出して、受ける」という動作を繰り返し、攻撃のテンポ、方向、場所をコントロールします。他の選手は、八反田からのパスを受けるために、相手のマークを外す動作を繰り返す。そんな光景が観られました。

ファジアーノ岡山戦を振り返ると、八反田が頻繁にボールを持てたのは、前半の方が多かったと思います。後半の方が、相手ゴール前までボールを運べていたので、よい攻撃が出来ていたと考える人もいるかもしれませんが、意図した攻撃を実現させようとしていたのは、前半か後半かどちらかと聞かれたら、僕は前半の方だったと思います。その理由は、八反田がボールを持つ回数が多いと感じたからです。

八反田がどれだけボールを持てるか。そして、相手ゴール方向に素早くパスを何本出せるのか。八反田のプレーを観れば、名古屋グランパスの攻撃が機能しているか、機能していないか分かります。八反田のプレーに注目してみてください。

ミスなくプレーすることが求められている内田

2人目は、内田です。内田に注目しようと思ったのは、サッカーをきちんと自分の言葉で語れる選手だからです。もちろん、内田の左足のキックが素晴らしいことは、加入前から知っています。しかし、赤鯱新報のコメントを読んでいると、ここまで自分の言葉で、風間監督に指導された事、自分自身の課題など、分かりやすく語っているのを読んで、よい意味で裏切られました。

サッカーをきちんと言葉で語れる選手は、いつ、どこで、なにをしたら良いのかという判断のミスが少ない選手です。内田は、名古屋グランパスにおいて、守備の時は5-4-1、攻撃の時は4-3-3というフォーメーションに切り替わるタイミングをコントロールしている選手です。内田がいるから、和泉が攻撃時に中央でプレーすることが出来ますし、内田がミスをしたら、フォーメーションの切り替えは機能しません。風間監督のサッカーは、極端なくらいミスしないことを求めるサッカーですが、内田には、技術だけではなく、判断のミスも許されないプレーが求められています。だからこそ、内田のプレーには注目するだけの価値があると思います。

もし、内田が1シーズン通して、求められている仕事が出来たら、凄い選手になっていると思います。守備も攻撃もミスなくプレー出来て、左足は正確。こんな選手は日本にはいません。内田に求められているのは、バイエルン・ミュンヘンのダビド・アラバのようなプレーです。高いハードルをかせられた内田が、どのくらいまで出来るようになるのか、注目したいと思います。

自分の言葉でサッカーを具体的に語れる選手が増えるか

なお、風間監督就任後の川崎フロンターレのサッカーを追いかけていて、1つ分かった事があります。それは、「自分の言葉で、サッカーをきちんと説明出来る選手は成長する」という事です。特に風間監督のサッカーは、ミスなく正確にプレーする事、プレーし続ける事が求められるサッカーです。そのために必要な事を、風間監督は出来るだけ誰にでもわかる言葉で説明します。横文字や「あれ」「それ」「これ」といった抽象的な言葉は使いません。

だからこそ、風間監督が伝えたいことが理解出来ているかを判断するには、選手が語る言葉を注意深く読み解けば分かります。「あれ」「それ」「これ」といった言葉を使う選手、「上手くいかない」と答えた後に、何が上手くいってないのかを具体的に説明出来ない選手は、風間監督の下でプレーしていても力を伸ばす事が出来ずに、チームを去っていきました。逆に、自分の言葉で具体的に説明出来る選手ほど、風間監督の下では力を伸ばしています。中村、大久保、小林、大島、谷口、田坂、登里などなど、皆自分の言葉できちんとサッカーを語れる選手たちです。

名古屋グランパスにも、佐藤、玉田、楢崎といった、既に自分の言葉でサッカーを語れる選手がいます。今のところ、八反田と内田も自分の言葉で語れる選手だと思いますが、これが他にどのくらい増えてくるか。それが、チームの成長を判断する判断基準になると思います。注目したいと思います。

なお、第1節のレビューをnoteで有料記事として公開しております。前節を振り返りたい方は、こちらをご覧ください。