2017年J2第4節 名古屋グランパス対水戸ホーリーホック プレビュー「フォーメーションは関係ないは言葉だけ」

2017/03/19

2017年J2第4節、名古屋グランパスの対戦相手は水戸ホーリーホックです。

「フォーメーションは関係ない」は言葉だけ

この試合は、名古屋グランパスは4-3-3というフォーメーションで戦うようです。名古屋グランパスは、前節までは守備の時は5-4-1、攻撃の時は4-3-3というフォーメーションで戦っていました。この試合も攻撃の時と守備の時にフォーメーションが変わるのかは、試合が始まってみないと分かりません。ただ、フォーメーションを変える事の是非について考える前に、風間監督がなぜ前節までのフォーメーションを採用していたのかを、読み解きたいと思います。

前提として、風間監督は「フォーメーションは関係ない」と語る監督です。

実際、練習は個人個人の技術・戦術を高めるための練習が多く、フォーメーションに対するこだわりも、考えも特に持っていない監督のように感じている人もいると思います。しかし、風間監督は「フォーメーションは関係ない」と語りつつ、実は選手がどの場所で戦ったらチームが勝てるかを、深く考えている監督です。「フォーメーションは関係ない」という言葉には、フォーメーションに捕らわれて目の前の敵を倒すためのプレーが出来ないのであれば本末転倒であるということ、そしてサッカーは、攻撃の時、守備の時に求められるプレーが異なるスポーツなので、フォーメーションより、フィールドの場所、時間、局面といった要素に対して、最適なプレーが出来るように練習を積み重ね、個人個人の技術・戦術のレベルを上げる事が、最も勝つ確率が高いと考えている監督なのです。

前提を踏まえた上で、風間監督はなぜ守備の時は5-4-1、攻撃の時は4-3-3というフォーメーションで戦っていたのか。その理由は一言で言うと、「チームの目が揃ってない」からだと思います。

まず守備。5-4-1というフォーメーションは、フィールドの横幅を5人で守ることで、相手の攻撃を防ぐ事を目的としたフォーメーションです。DFが5人いるので、簡単に相手にゴールを奪われる事はありません。しかし、DFが5人いるということは、ボールを奪う位置は、自陣ゴール近くになります。名古屋グランパスは、もっと相手ゴール近くでボールを奪うサッカーを志向していると思うのですが、まだボールを相手ゴール近くで奪えるだけのチームの目、言い換えると「共通認識」が出来ていないからだと思います。

一方攻撃では、自陣ゴール付近で奪ったボールを、いかに相手ゴール前までボール運ぶか考えた時、2つのずれを活かしてボールを運ぼうと考えたのではないかと思います。1つ目は、フォーメーションのずれ。攻撃の時は4-3-3に変化させる事で、相手の守備をずらし、フリーの選手を作り出して、ボールを運ぶ。2つ目、杉森と和泉というボールを運ぶ能力に長けた選手をサイドに配置し、この2人の運ぶ能力を活かしたかったのだと思います。

「チームの目が揃ってない」ので、とりあえず凌ぐために採用した戦い方だと思うのですが、3試合戦ってみて、機能したとはいえないと思います。守備の時はボールを相手ゴール近くで奪いたい選手と自陣ゴール近くで奪いたい選手がいて、選手間の間隔が広がってしまいました。選手間の距離が広がっているため、攻撃時のフォーメーションの変化も、変化するために時間がかかってしまいました。和泉と杉森は周りに選手がいないため、1人でボールを運ぶ事が多く、相手に捕まってしまっていました。

「目は揃ってない」けど勝たなきゃいけない試合

チームの目が揃う前に試合はやってきます。揃ってなくても、試合には勝たなくてはなりません。この試合はフォーメーションを変えた効果があるのかだけでなく、チームの今後を占ううえで重要な試合です。この試合に負ければ、「これでいいのか」と取組を疑うような雰囲気になるかもしれません。しかし試合に勝てば、「この戦い方でよいのだ」と自信が得られる試合になるはずです。

フォーメーションを変え、起用する選手を変え、どんな試合をするのか楽しみです。

おすすめ