【noteで公開中】2017年J2第4節 名古屋グランパス対水戸ホーリーホック レビュー「パターンを決めないほうがよい理由」

2017年J2第4節、名古屋グランパス対水戸ホーリーホックは、2-1で名古屋グランパスが勝ちました。

この試合は、名古屋グランパスは4-3-3のフォーメーション。一方、水戸ホーリーホックは5-4-1のフォーメーションで戦いました。名古屋グランパスは、ボールは保持できますが、なかなか相手ゴール前まで運べません。ただ、前節のジェフユナイテッド千葉と比較すると、ボールを保持できているという点では、まだマシでした。

風間監督が考える「足元にだすパス」

勝ちましたが、正直内容はまだまだです。パススピード、止める、外す、運ぶ、受ける、どれもまだまだ遅いです。動きに連続性がなく、玉田がボールを持っている時、ほとんどの選手は止まってボールを受けようとしています。もっと動いて、ボールを受けようと動かなきゃいけません。風間監督は「足元に正確にパスを出せ」と指示しますが、「必ず止まってパスを受けろ」と言っているわけではありません。走っている味方に対して、スピードを殺さないように、正確に走っている選手の足元に届ける。これが、風間監督が求めている「足元に出すパス」です。勘違いされている方がいる気がするので、あえて書きました。

風間監督がと他の監督のチームづくりの違い

風間監督のサッカーは、明確に「A→B→C」というような動きやパスのパターンは決めていません。ただ、サッカーに必要な動きのレベルを上げていくことで、パターンにとらわれず、最適な解決方法を導き出せるように、選手のレベルを上げるようにチームづくりを進めています。選手個人のレベルが上がらないと、表現出来るパターンにも限界がある。風間監督はそう考えています。選手の能力にあわせて、パターンを決めて、持っている能力を引き出すチームづくりと、選手の能力を引き上げることで、使えるパターンを増やすチームづくりは違います。大抵の監督のチームづくりは前者ですが、風間監督のチームづくりは後者です。

まだ深く理解して、プレーで表現できる選手はいない

まだ、川崎フロンターレに風間監督が就任した当初の、中村、伊藤、田中裕介、井川のように、理解が早く、試合で違いを出せている選手は現れていません。八反田は理解していますが、他の選手とテンポがあっていません。玉田はボールは受けられていますが、パススピードはまだまだ遅いです。内田は頭では理解しているようですが、プレーで表現出来ていません。今後どんな選手が理解した内容をプレーで表現し、違いをみせてくれるのか、楽しみにしたいと思います。次節は松本山雅FC戦。反町監督は弱点をきっちり研究した上で、名古屋グランパスにとっていやらしい戦いをしてくると思います。正直、苦戦すると思います。しかし、苦戦すると思われる試合だからこそ、思わぬ選手が違いをみせてくれたりするのが、面白いところです。選手の頑張りに期待したいと思います。

続きはぜひnoteを読んでください。こんなテーマについて、書いています。

  • ボールを保持できていた要因
  • 水戸ホーリーホックの対策にまんまと捕まる
  • 本当なら我慢したいが我慢が許されない理由
  • 課題を出して、修正して、地力をつけないと、昇格は出来ない

>>2017年J2第4節 名古屋グランパス対水戸ホーリーホック レビュー「パターンを決めないほうがよい理由」<<