2017年J2第7節 名古屋グランパス対カマタマーレ讃岐 プレビュー「ゴール前ほど、緻密にプレーする」

2017年J2第7節、名古屋グランパスの対戦相手はカマタマーレ讃岐です。

チームの目が揃ってきた

前節のロアッソ熊本戦は、名古屋グランパスのサポーターが観たかった、相手を圧倒する試合を披露してくれた試合だと思います。もちろん、シュートを20本打たれている事を考えると、完璧な試合運びとはいえませんでしたが、シーズン前から取り組んできた、「止める」「受ける」「運ぶ」「外す」という動きに磨きをかけ、敵を見ながら、相手の守備を崩していく戦い方が大分出来るようになりました。

風間監督は、まだまだチームが発展途上という事を考慮し、選手たちの個人戦術だけで、相手を圧倒できるとは考えていませんでした。だからこそ、少しでも優位に試合を運べるように、「フォーメーションは関係ない」と発言しつつ、選手をとの場所に配置させるかは、最大限気を配ってきました。

ウイングバックに杉森や和泉といった選手を配置したのは、サイドからボールを相手陣内に運んでもらうためですし、玉田をスタメンで起用しているのは、少しでもボールを保持できる時間を増やしたいと考えたからです。また、シモビッチをFWとして起用することで、困ったときに狙う場所を用意しました。

第3節のジェフユナイテッド千葉戦までは、選手のパススピードも遅く、動くタイミングが遅く、相手ゴール方向を向いてプレー出来ませんでしたが、選手同士のタイミングがあってきて、パススピードも上がってきたことで、自然と相手を外せるようになってきました。

こうなると、選手はボールを受けたくてしょうがなくなるので、さらにパススピードが上がり、攻撃のテンポが上がっていったのが、ロアッソ熊本戦の後半でした。風間監督は、よくプレーの基準をチームで合わせる事の例えとして「目を揃える」という表現を用いますが、ようやく目が揃ってきたと思います。

ゴール前ほど緻密に

この試合の対戦相手のカマタマーレ讃岐は、DFラインを自陣ゴール付近に設定し、攻撃するスペースを消し、相手のミスを誘って攻撃してくるチームです。ボールはある程度相手ゴール前まで運べると思いますが、相手の守備をどう崩して、ゴールを奪うのか、これまで培ってきた事が試される試合になるはずです。

風間監督は、「正確にプレーできれば、スペースがなくても関係ない」と考えている監督です。相手が何人いても、パスの出し手と受け手の関係で、スペースがないと思われる場所でボールを受けて崩すプレーを、繰り返し練習してきたはずです。また、風間監督はシュート練習で、わざとペナルティエリア付近にコーンを数多くおいて練習をする事があります。コーンをDFにみたてて、相手の足に当たらないようなシュートを練習したり、逆に相手の足を利用して、ボールをGKから隠し、シュートコースを読まれないようにシュートする練習も、繰り返しやってきたはずです。

前節までに、ある程度ゴール前までボールを運べるようになってきました。この試合で試されているのは、ゴールを奪う仕上げの場面でのプレーの質です。風間監督は、よく「ペナルティエリアに入ったら、より緻密にプレーしよう」と語っています。ゴール前は個人の発想に任せて、自由に(悪くいうと適当に)プレーすることを奨励する監督が多い中、風間監督はゴール前ほど、緻密に、正確に、プレーし、ある程度相手を崩すパターンや、シュートを打つパターンを、繰り返し練習する監督です。こうした練習が、大久保、小林といった選手のレベルを上げてきました。

負傷者も出ていますが、今の名古屋グランパスのチームづくりに支障をきたすことはないと思います。代わりに入った選手がどんなプレーをするのか、そして、どこまでゴール前で緻密にプレー出来るのか。チームのレベルを測るにはよい相手です。どんな試合になるのか楽しみです。

おすすめ