nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2017年J2第9節 名古屋グランパス対レノファ山口 プレビュー「サイドで起用する選手は期待されている選手」

   

2017年J2第9節、名古屋グランパスの対戦相手はレノファ山口です。

自信を持ってボールを受けられるか

この試合で注目したいのは、「自信を持ってボールを受けられるか」です。前節の徳島ヴォルティス戦で感じたのは、ボールを受けようと動く選手が玉田くらいしかいなかった事です。相手の守備の勢いを感じて、自信を持ってボールを保持することが出来ず、相手の守備を外し、受ける動きが全くといっていいほどみられませんでした。あれだけ動かなければ、相手の守備に捕まってしまいます。

この試合は、内田と八反田をMFで起用し、FWに押谷が起用されると予想されています。3人ともボールを受ける事を恐れず、相手の守備を外し、相手の守備者の間でボールを受ける事が出来る選手です。前節の問題を選手を入れ替える事で解決しようと考えている事が分かります。

前節まで起用されていた、ワシントン、田口、永井といった選手のプレーが悪いわけではありません。ただ、ワシントンと田口については、2人共ボールを受ける動きが遅く、相手の守備者の間ではなく、相手の守備者の守っている場所の外でボールを受けようとしていました。相手の守備者の守っている場所の外でボールを受けても、相手にとっては脅威ではありません。また、2人共ボールを持っても前を向かないため、ボールがなかなか相手ゴール方向に向って進みません。自信を持って、ボールを扱うことが前提で名古屋グランパスはサッカーを組み立てています。ワシントンと田口のプレーは、自信を持ってボールを扱おうとしているようには見えませんでした。2人が露呈した問題を、代わりに入った選手が解決するのか、注目したいと思います。

杉森は期待されているからサイドで起用されている

そして、もう一人注目したいのが杉森のプレーです。この試合では右サイドバックで起用されることが予想されています。ただ、これまでの試合で、杉森は期待に応えるようなプレーをしたとはいえません。杉森のプレーを観れば、杉森の持っている能力がとても高い事はよく分かります。背筋を伸ばして、スピードを落とさずにボールを運ぶプレーは、セレッソ大阪からザルツブルクに移籍した南野のプレーを観ているようです。

しかし、杉森のプレーを観ていると、課題もはっきりしています。いつ動いて、いつパスを出すのか、いつドリブルをするのか。一つ一つのプレーの判断が悪く、他の選手と連携して動くことも出来ず、続けてミスをしてしまう点です。風間監督は杉森の欠点も理解した上で、起用しながら改善していこうとしているのだと思います。攻撃時に相手の守備者の位置を把握しやすい、サイドでプレーさせているのは、杉森のプレーを改善させるだけでなく、杉森の力をチームに活かしたいと考えているからだと思います。右サイドバックがベストポジションだと思って起用しているわけではないと思います。

風間監督は、将来中央で起用したい選手を、サイドで起用する傾向があります。サイドは視野が180度しかないので、相手がどこから来ているのか把握しやすいポジションです。また、目の前の選手さえ崩せばいいポジションなので、「受ける」「外す」といった動きが下手な選手の動きを改善するために、サイドで起用するのです。川崎フロンターレでも、大島僚太、小林悠、谷口彰悟といった選手は、サイドで起用されてから、中央で起用されました。杉森も期待されているから、サイドで起用されるのだと思いますし、逆に言うと、内田はサイドでよいプレーをしたから、この試合で中央で起用されるとも言えるかもしれません。

相手の守備を外し、いかにボールを受ける事が出来るか。そして、期待されている杉森はどんなプレーをするのか。前節不甲斐ないプレーをして前半で交代した宮原も注目したい選手です。どんな試合になるのか楽しみです。

おすすめ

 - , , ,