2017年J2第11節 名古屋グランパス対京都サンガFC プレビュー「相手を自陣に押し込み、守備を安定させろ」

2017年J2第11節、名古屋グランパスの対戦相手は京都サンガFCです。

相手を自陣に押し込み、強みを消す

この試合のポイントは、「京都サンガの攻撃に対応しつつ、相手をいかに自陣に押し込めるか」です。

京都サンガには、闘莉王、ケヴィン・オリスという180cm以上の選手をFWに起用し、2人の強さ、高さを活用した攻撃を仕掛けてきます。特に、闘莉王はペナルティエリア内では、強さ、高さ、そしてボールを扱う技術に優れており、とても危険な選手です。一方、闘莉王は動ける範囲が広い選手ではないので、守備の時に積極的にボールを奪いにくるとは考えられません。

京都サンガのロングパスを活用した攻撃によって、一時的に相手に押し込まれる事が想定されます。押し込まれた後、いかにしてボールを奪われずに保持し、相手のゴール付近までボールを運ぶのか。そして、相手を自陣に押し込み、ボールを奪われても攻撃出来ない状態を作り出せるか。そして、相手を自陣に押し込む時間が長ければ長いほど、闘莉王がFWにいるという、相手の強みを消すことにつながるはずです。

攻撃と守備は表裏一体

名古屋グランパスが、短い距離のパスを繋ぎながら、選手間の距離を短く保って攻撃を仕掛けるのは、ボールを奪われた後に、素早く相手との距離を詰め、改めてボールを奪い返したいからです。つまり、攻撃と守備は表裏一体なのです。ザスパクサツ群馬戦の試合を観た上で書かれた記事に、「守備の構築が今後の課題」と書かれていましたが、守備の構築が課題ではありません。攻撃と守備は表裏一体なので、もっと相手を自陣に押し込む時間を増やすことが、守備の安定につながるのです。パススピードも開幕時に比べたら上がりましたし、「受ける」「運ぶ」「外す」といった動きのスピード、質も高まってきましたが、90分通して継続して同じ質でプレー出来ているわけではありませんし、まだ時間によって、動きを止めてしまう選手もいます。

ただ、名古屋グランパスの試合を観ていると、川崎フロンターレの時より進化のスピードが速いと感じます。J1とJ2というカテゴリーの差はあるものの、名古屋グランパスがザスパクサツ群馬戦で披露したような、テンポの良いパス交換で相手を押し込むような攻撃を川崎フロンターレが披露するようになったのは、2014年以降です。風間監督が川崎フロンターレの監督に就任したのが2012年の5月ですから、かなり速いスピードで風間監督の取組をチームとして消化していると感じています。もともとJ2の他のチームと比較したら、選手が揃っています。しかし、選手、スタッフが新しい事に積極的に取り組み、チームの取組をサポーターが支持してきた結果、戦力にふさわしいサッカーが披露されつつあります。

京都サンガ戦は、多くの観客が来場すると言われています。今の名古屋グランパスのサッカーは、十分魅力的です。多くの方に名古屋グランパスの魅力を知ってもらうよい機会です。どんな試合になるのか、楽しみです。

おすすめ