nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

「グアルディオラ入門編」としておすすめ。書評「グアルディオラのサッカー哲学」

   

本書は、昨年までFCバルセロナを率いていたジョセップ・”ペップ”・グアルディオラの記者会見の言葉や、選手の評価を抜粋し、まとめた書籍です。

グアルディオラがどういう人物か理解できる

本書を読む前に、前提としてお伝えしておかなければならないことがひとつあるのだが、グアルディオラという監督は個別のインタビューを一切受けない。記者と応対するのは、公式の記者会見の時だけだった。したがって、この本では、記者会見でグアルディオラが語った言葉を抜粋し、分析することで、彼の考え方を探っていこうというのが狙いです。

FCバルセロナや海外サッカーに詳しい人には物足りない1冊

しかし、FCバルセロナや海外サッカーに詳しい人は、彼の記者会見の発言などは、Webやテレビで観て理解している人が多く、この書籍で語られている内容を、新たな情報として理解する人は、少ないのではないのだろうか。

グアルディオラの考え方を伝える書籍を作りたいのであれば、もっとテーマを絞ったほうがよかったと思う。リーダーシップ、指導法、などなど。どこか1つに絞った本を作ったほうが、より深く考え方が伝わったのではないか、と思いました。

FCバルセロナを通じて、海外サッカーに興味を持った人にはおすすめの1冊です。

おすすめ商品

本書を読んで、興味を持った方はこちら

グアルディオラ関連でまだ読んだことがないのか、この3冊。興味があります。

 -