大人だからといって、ただ年をとっている以外に何かを学んでいるとは限らない。「浜田省吾ライブスペシャル~僕と彼女と週末に~」

2014/03/09

僕と彼女と週末に 浜田省吾 ON THE ROAD 2011 The Last Weekend

月曜日の夜、録画していた「浜田省吾ライブスペシャル~僕と彼女と週末に~」を観ました。

2011年から2012年にかけて行われた「ON THE ROAD 2011 “The Last Weekend”」のライブ映像をテレビ用に編集した番組だったので、既にDVDを持っている人にとってはお楽しみは少なかったかもしれませんが、DVDを持っていない僕は十分楽しめました。

テレビ向けに新たに映像を追加

特に面白かったのは、ライブ映像の間に挿入されたコメディ映像です。テレビのニュース番組のような設定で、田家秀樹さんがインタビュアーになって、白くまのパペットを持った浜田省吾さんにインタビューするのですが、インタビューに答える浜田省吾さんを映している画面の下に、Twitterのコメントのような文字が入れ代わり立ち代わり掲載されるようにしているところとか、思わず笑ってしまいました。

また、そのコメディを観て、浜田省吾さんもTwitterやFacebookといったツールを使うか使わないかは別にして、どんなツールが使われているかは把握しているんだな、と思いました。先日井上陽水さんが津田大介さんと対談している番組を観たのですが、優れたミュージシャンはコミュニケーション方法の変化には敏感だなぁと思います。

浜田省吾が伝えたかったメッセージとは

紹介したコメディ以外にも、テレビ番組向けに用意したと思われる素材がいくつもありました。今回のライブでは「On The Road Timemachine」という過去に撮影した浜田省吾さんが観客に向かって語りかける映像があるのですが、短いながらテレビ向けにも映像が用意されていましたし、いくつかの歌には英語、スペイン語、中国語、韓国語の字幕がついていました。そんな細かい工夫からも、ただライブ映像を流すのではなく、手をいれてきちんとした形で観てもらおうという気持ちが感じられました。

ライブ映像にあわせて、浜田さんがツアー中に綴ったブログのテキストが流れます。
長文ですが、今回浜田さんがなぜこのタイミングでツアー映像をテレビで放送しようとしたのか、その理由の一端が分かるテキストだと思いますので掲載させて頂きます。

有名だからといって人に敬意を持って接してもらえるとは限らない。
金を持っているからといって人に尊敬されるわけではない。
喧嘩が強いからといって人に慕われることはない。

人が敬い、慕い、親しみを感じる人物とはどんな人間だろう。

国家や民族に関しても同じように考えてみてはどうだろう。

先の大戦が終わり、骨の髄から戦争に嫌気がさし、
世界中の人々が二度と戦争という愚行を繰り返さないと肝に命じたはずなのに、
東アジアの空気の中にさえ、
争いと戦さの匂いが微かに漂っていると感じないか。
インターネットという新しいメディアが
子どもの戯れのような言い合いから始まる暴力を煽ってはいないか。

まさか・・・という緩みが蔓延していないか。

世界は優しく愛に満ちた人達だけがいるわけではなく、
どうしようもなく卑劣で愚かな人間や
闇が存在していることも子どもに教えなくてはならない。
ナイーブなままでは生きては行けない。
しかし、それでも圧倒的に多数の人々は思慮を持ち、
静かに調和の中で暮らしている。


このことを子どもに伝えなくてはいけない。
子どもだからといって純粋で無垢なままの存在ではない。
その白紙のページに何が書き込まれ、どう染まっていくかは大人しだいだ。

そして、大人だからといって
ただ年をとっている以外に何かを学んでいるとは限らない。


(Tour Site Blog 2011年9月24日 名古屋日本ガイシホールにて)

浜田省吾さんは、日本の音楽シーンのメインストリームの最前線に立ち続けていたわけではありません。AKB48のような音楽が好きな人には、全く興味がないミュージシャンだと思います。

ただ、このことは知っておいて欲しいと思います。
日本にも、浜田省吾さんのように、誠実に観客に向き合い、幅広いテーマの作品を作り続けているミュージシャンがいることを。

『J.Boy (ON THE ROAD 2011 “The Last Weekend”)』

関連記事

SHOGO MUST GO ON!!書評「僕と彼女と週末に 浜田省吾 ON THE ROAD 2011 The Last Weekend」(田家秀樹)

関連商品

ON THE ROAD 2011 "The Last Weekend"

4,000円
(2013.12.06時点)
posted with ポチレバ
The Best of Shogo Hamada vol.1

2,000円
(2013.12.06時点)
posted with ポチレバ
The Best of Shogo Hamada vol.2

2,000円
(2013.12.06時点)
posted with ポチレバ