分からないことを知るために必要なこと。書評「知ろうとすること」(早野 龍五、糸井 重里)

福島第一原発の事故や、放射線の影響について何か書くのは、出来るだけ避けてきました。なぜなら、原発や放射線に関する話題を取り上げるならば、まずは自分自身が原発についてどう考えているのか。つまり、イデオロギーの問題について、話をしなければならない。そういう風潮がいやで、僕は出来るだけ避けてきました。

でも、福島第一原発の事故が起こり、妻や子供のためにも、今がどんな状況なのか知りたい。でも、テレビや新聞やニュースサイトで報道される内容は、声高に原発や放射線の危険性を伝える内容ばかり。何が信頼できる情報なのか分からず、不安な気持ちになったのを、今でもよく覚えています。

そんな時に心の支えにしていたのが、早野龍五さん(@hayano)さんのツイートです。早野さんは、情報が錯綜する中で、淡々と事実を分析し、ファクトをグラフに起こし、誰にでもわかる形で、情報を発信し続けました。事故直後も、学校給食の陰膳調査(給食で食べているものと同じものをミキサーにかけて、放射線量を測定する)や子供たちの内部秘学測定装置の開発など、事態を正確に把握するための手段を考え、自ら行動し続けました。そんな早野さんの行動や、早野さんから届けられる情報に、不安になっていた僕は、とても勇気づけられました。

本書「知ろうとすること」は、早野さんの福島第一原発直後の取り組みについて、早野さんのツイートに震災直後から注目していた糸井重里さんとの対談形式でまとめられた1冊です。本書を読み終えて、タイトルの「知ろうとすること」には、2つの意味が込められているのだと感じました。

「知ろうとすること」

1つ目は、文字通り「知ろうとすること」。

東日本大震災が引き起こした福島第一原発の事故は、誰も経験したことがない事故でした。経験したことがない事故の情報や、事故の影響について知るためには、どうしたら良いのか。僕自身全くやり方が分かりませんでした。何が信頼できる情報なのかわからず、自分はどうすれば良いのか分からない。そんな時に早野さんがとった行動は、シンプルでした。

発表される情報を基に数値を記録し、必要に応じてグラフに起こし、グラフに起こしたことで見えてきた傾向を分析する。そして、それを繰り返す。早野さんは、今起こっている状況を理解するために、地道な作業を繰り返しました。僕は本書を読み終えて、そんな早野さんの行動が「知ろうとすること」なのだということに気がつきました。

誰もが経験したことがない事故であれば、正解を知っている人もいません。だからこそ、今の状況がどんな状況なのか、これからどんな事が起こりうるのか。事実と過去の記録を基に分析し、予測する。正解がない状況で、歩みを止めないで進み続けるにはどうしたらよいのか、早野さんは自らの行動で、私たちに教えてくれました。

「しろうと(が)すること」

2つ目は、「しろうと(が)すること」。

本書のタイトル「知ろうとすること」には、もう一つ意味があるのだそうです。それは、「しろうと(が)すること」。これは、糸井重里さんが考えたのだのだそうですが、僕はこの「しろうと(が)すること」というタイトルに込めれた意味を、こんなふうに解釈しました。

繰り返しになりますが、東日本大震災が引き起こした福島第一原発の事故は、誰も経験したことがない事故です。経験したことがないことについては、誰かが正解を知っているわけでもありません。

「しろうと(が)すること」という言葉は、「物事がうまくいかない」ことの例えとして、よく使われている言葉です。しろうとだから、基本的なルールも分からず、技術もないので、何をやっても上手くいかないだろう、と。

しかし、福島第一原発の事故のように、誰も経験してなかったり、想定していない出来事について、正解を知っている人なんて誰もいないと思います。また、原発、放射線、放射線がもたらす人体含めた生態系への影響について、それぞれの分野に専門家はいるでしょうが、総合的に判断出来る人はいません。

つまり、福島第一原発の事故向きあう時、知識の差はあるにせよ、皆の立場は「しろうと」なのです。早野さんも糸井さんも、そんな「しろうと」の1人です。しかし、2人が「しろうと」だからこそ、1つ1つ丹念に調べ、理解を深め、行動することが出来たのだと思います。

本書には、福島第一原発の事故とその影響についてどう考えたらいいのか、そして、未知の出来事が起こった場合に、どのように対応すればよいのかが、分かりやすくまとまっています。

ぜひ多くの方に読んで頂きたい1冊です。

関連商品