nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

信用は「ゼロをイチにする」ことでしか得られない。書評「ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく」(堀江貴文)

   

本書、「ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく」は、堀江貴文さんが自分の半生を振り返りながら、自身がどんなことを考えて仕事をしてきたのか、どんなことを考えて生きてきたのか、自身の考えをまとめた1冊です。

信用はお金では買えない

本書に書かれていることで、強く印象に残ったのは「信用はお金では買えない」という言葉です。本書の中で、堀江さんはお金のことを「信用を数値化したもの」と語っています。そもそも、紙幣とは原価数十円の紙で、それ自体に、額面通りの価値があるわけではありません。「一万円の価値がある」という国や銀行への信頼が、紙幣の価値になっているのです。

これを自分自身と収入の関係に置き換えると、現在働いて得ている収入は、「これだけの仕事ができるから、これだけの対価を払う価値がある」という信用が裏付けになっています。つまり、自分への信用を高め続けることが、結果的に収入を増やすことにつながるのです。

信用はお金では買えない

では、自分への信用を高めるには、どうしたらよいのでしょうか。それが、本書で繰り返し語られていることだが、「ゼロをイチにする」しかないのです。

信用を高めるには、時間がかかります。少しづつ少しづつ積み上げて、ようやく目に見えるものになるのが、信用というものです。積み上げるためには、小さくても、少なくてもよいから、イチを積み重ねていくしかありません。「出来ない」「時間がない」と嘆いていても始まりません。まずは、やってみるしかないのです。考えていては、いつまでたってもゼロのまま。その事を、本書は教えてくれます。

ゼロがイチになりつつある

以前「誰でも勉強やトレーニングを続けられるたった1つのテクニック」という記事で、「1日1回、1分でいいから毎日やる。」というテクニックとそのメリットについて、紹介したことがあります。僕自身、ブログを始めて3年になります。「ゼロをイチにする」ために、ほぼ毎日書き続けたことが、少しづつ「イチ」という形になって現れてきているのだと、読んで頂ける人からの感想を読んで、実感出来るようになってきました。

でも、僕がブログで実現させたいのは、もっと先にあります。スポーツに関する記事を書き続けることで、自分の視点や意見に価値を感じてもらい、仕事を通じて、スポーツで社会を豊かにしていこうとすること。まだ道半ばですが、少しでも自分のやりたい事の実現に向けて、これからも「ゼロをイチにする」努力を続けていこうと思います。

おすすめ商品

 - ,