ユンケルのイチローのミラクルスローも凄いけど、他にもある!アスリートのスーパープレーをCMにした動画を紹介!

2013/02/15

最近話題になっているCMのひとつに、ユンケルのCMがあります。マウンドからホームベース付近に立てられたバットに連続して当てたり、遠投でゴミ箱の中に入れたりするCMなのですが、凄すぎて「CGじゃないのか?」と話題になっています。(疑っている方は、メイキング映像はこちら

近年アスリートを起用するときに、アスリートの凄さを伝えることで、商品価値を同時に訴求しようとするCMが増えてきました。今回は、思いつく範囲でアスリートのスーパープレーをCMにした動画を紹介します。

マイケル・ジョーダン(Michael Jordan)「AirWark」

スポーツ選手のスーパープレイがそのままCMになるというのは、僕の記憶だとマイケル・ジョーダンの「AirWark」が最初だと思います。「AirWalk」とは、マイケル・ジョーダンがダンクする時に、空中を歩いているようにダンクする様を表現した言葉ですが、「AirWalk」するさまをそのままCMにした作品です。

ロナウジーニョ(Ronaldinho)による連続ゴールバー当て

イチローのCMのように、「ありえない距離から何かに当てる」というスーパープレーをそのままCMにしたCMといえば、ロナウジーニョの連続ゴールバー当てのCM。これは当時のYouTube再生記録を塗り替えたCMで、これこそ「CGじゃないのか?」と話題になったCMです。

デイビット・ベッカム(David Beckham)によるミラクルキック

こちらはデイビット・ベッカムがビーチで、ボールを遠方にあるゴミ箱に直接蹴りいれる、というCM。しかも裸足!ベッカムのキックの精度は、サッカー選手の誰もが認めるところですが、それを証明するかのようなCMです。

小野伸二によるミラクルキック

こちらはWeb限定で公開された、小野伸二がベッカム同様に、ボールを遠方にあるボールかごに直接蹴りいれる、というCM。これを観てると、一流のサッカー選手になると、こんなことできるのか!とうならされます。

余談ですが、マンチェスターユナイテッドに今年加入したオランダ代表のエース、ロビン・ファンベルシーは、今まで出会ったプレーヤーで一番上手かったプレーヤーに、小野伸二の名前をあげてました。

おすすめ商品

数あるイチロー関連の書籍の中で、これがNo1だと思います。
イチローを10年以上追い続けた、番記者が描いた「イチローの流儀」とは?

同じくらいおすすめなのは、「イチロー・インタビューズ」
こちらのほうが、緊張感があります。

マイケルジョーダンが自身の半生を語ったドキュメンタリー。気になります。