nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2018年ロシアワールドカップサッカー最終予選 日本代表対タイ代表「依然として日本代表の『目は揃っていない』」

   

2018年ロシアワールドカップサッカー最終予選、日本代表対タイ代表は、2-0で日本代表が勝ちました。

執拗にセンターバックとサイドバックの間を狙う

この試合の日本代表は、明確にタイ代表を攻略するポイントを定めて試合に臨んでいました。攻略するポイントとして狙いを定めていたのは、タイ代表のセンターバックとサイドバックの間のスペースです。タイ代表のサイドバックは、サイドでボールを受けようとする日本代表の選手に対しては、距離を詰めてボールを奪おうとします。しかし、センターバックの選手はサイドバックの選手が距離を詰めても、中央のエリアから大きく動くことはありません。たぶん、中央のエリアは空けないように、という約束事があるのだと思うのですが、日本代表はタイ代表が空けるセンターバックとサイドバックのスペースを狙って、執拗に攻撃を仕掛け続けました。

サイドバックがボールを持った時、本田や原口がタッチライン近くでボールを受ける動きをして、空けたスペースに香川や浅野が走ってボールを受ける。あるいは、サイドハーフが動き直してボールを受ける。時にはサイドバックが走ってボールを受ける。ボールを受けた後は、ペナルティエリアの角付近に位置する選手にパスを出し、逆サイドのセンターバックとサイドバックの間を狙って、斜め方向のパスを出す。この攻撃を繰り返しつづけました。UAE戦ではみられなかった攻撃です。

また、UAE戦に比べると、選手間の距離が広くなっていました。ハリルホジッチはUAE戦後に選手間の距離が近い事を気にしていたので、UAE戦後の練習で修正したのだと思います。UAE戦の反省を活かして、コンディションを整えつつ、攻撃を修正したのは、見事だと思います。

UAE戦に出場せず、タイ戦に出場した原口、山口、浅野の3人は、いずれもボールを扱う技術ではなく、ボールが無い時に動く量、ボールを奪う技術、走るスピードなどに長けた選手でした。UAE戦は、清武、大島といったボールを扱う技術に長けた選手を先発させましたが、ボールが止まらず、「出して、受ける」動きを連続して行う事が出来ず、攻撃のスピードを上げることが出来ませんでした。原口、山口、浅野といった選手が出場したことで、日本代表全体の動く量が増えました。動く量が増えたことで、香川、本田、長谷部といった選手たちも連動し、相手を外す動き、ボールを奪う時の動きの量が増えました。

依然として「目は揃っていない」

UAE戦からタイ戦への改善策として、攻撃するポイントとパターンを決めて、動く量を増やしてコンビネーションの不足を補うという策は、限られた時間の中で行った対策としては、とても良かったと思います。ただ、この試合の日本代表のプレーを観ていても、UAE戦で大島のプレーを観ていて感じた、「フリーの定義が違う」「目が揃っていない」という点は、以前課題として残っています。

特に、「目が揃っていない」という問題は、解決に時間がかかる問題だと思います。今のサッカー日本代表は、海外でプレーする選手がスターティングメンバーの大半を占めています。海外でプレーする事によって、様々なチーム相手でも自分の強みを活かしたプレーが出来る技術と、海外での生活で培った人として生きていく力は、プレーヤーとしての成長を促してくれます。反面、アジアで行われる試合では、ベストのコンディションで戦えることの方が少なく、ドイツ、イングランド、スペイン、イタリア、オランダといった異なるリーグ、異なる戦術、異なる基準でプレーする選手たちの目を揃えて、チームとして戦わせるのは簡単ではありません。

特にこの試合は、グラウンドコンディションの影響もあり、ボールが上手く止まらず、パスの強弱で攻撃のテンポに変化をつける事が出来ませんでした。ハリルホジッチはその事が分かっていて、動ける選手を起用して、動きで攻撃のテンポを変えようとしたのかもしれませんが、パスのほうが攻撃のテンポは変えやすく、相手の守備を崩しやすいのですが、パスで変化をつけられなかったことも、相手の守備を崩すのに時間がかかった要因だと思います。

この試合を観ていても、「どうなっていればフリーなのか」「止める」「外す」「受ける」「運ぶ」といった技術に対する各選手の目が揃っておらず、パスの出し手がボールを止められていないのに受け手が動き出してしまったり、受けられるタイミングでパスが出てこなかったり、パスが出ないと思って動きを止めたら出てきたりといった、目が揃っていない事によるミスが何度もみられました。

今のサッカー日本代表は、経験がある選手が揃っている反面、自分なりの「目」を持っていて、それなりに自分の「目」に自信があるため、目を揃えるのはそれなりに骨が折れる作業だと思います。実はこの問題は、ザッケローニが監督だった時代からの問題でもあります。ザッケローニは2013年の東欧遠征でこの「目が揃っていない」問題を、遠藤、長谷部、本田と話し合いましたが、決着しませんでした。そして、現在に至る前で、この問題は残り続けています。

僕は、ハリルホジッチは「目が揃っていない」問題の要因は、理解していると思いますし、改善をしようと試みている気がします。ただ、この問題がどう解決されるのか。それとも解決されないのか。僕自身、今回の最終予選はきちんとレビューするつもりはなかったのですが、UAE戦を観て、この「目が揃っていない」問題をどう解決するのか、興味がわいてきました。次の代表戦は10月。引き続き注目したいと思います。

おすすめ

 - ,