日本対オーストラリア戦で繰り広げられた様々な駆け引き

(アディダス)adidas 日本代表 ホーム レプリカ ジャージー S/S DJ122

昨日の日本対オーストラリア戦は1-1の引分けに終わり、日本は5大会連続のワールドカップ進出を決めました。日本対オーストラリア戦はワールドカップ予選らしい緊張感のあるゲームで、選手が繰り広げる駆け引きも高度で、観ていて楽しかったです。そこで、試合を観ていて印象に残った選手の駆け引きをご紹介します。

イエローカードをもらった後の長谷部の対応

この試合、長谷部は前半22分でイエローカードをもらってしまいます。ボランチの選手が前半でイエローカードをもらうということは、オーストラリアがカウンターで攻めてくることを考えると、決して喜ばしいものではありませんでした。

長谷部が前半でイエローカードを受けたことを踏まえて、オーストラリアは長谷部に対して積極的に仕掛けるようになります。そこで長谷部がうまかったのは、決して無理にボールを奪いにいかなかったことです。相手がドリブルするコースやパスコースを遮断して、ファウルせずにボールを奪ったり、攻撃を遅らせるようにしていました。

緊張感のあるゲームで冷静に対応することは、簡単なことではありませんが、さすが日本代表のキャプテンです。

あえてパスカットされそうなパスを出し続けた遠藤

この試合、遠藤は普段よりパスミスが目立ちました。しかし、それは単純な技術的なミスというよりは、相手が取れるか取れないかギリギリのところにボールを出して、相手の陣形を崩そうとするがゆえのミスでした。

ミス自体は褒められたことではありませんが、自陣深くにひいて守るオーストラリアの守備を崩すために、わざと遅いパスを出したり、相手が届きそうで届かない場所にパスを出す。遠藤のパスを観ているだけでも、この試合は楽しめました。

相手の逆を取る本田の動き

この試合、本田圭佑の動き自体は本調子とはいえなかったと思います。ダッシュしてゴール前に飛び込んだり、カウンターの時にスピードを上げてドリブルする場面が少なかったことは、コンディションがまだ万全ではないことを伺わせました。しかし、コンディションが悪くても本田は期待通りの活躍をみせてくれました。

印象に残ったのは、本田のマークを外す動き方です。よく観ていると、本田は相手のボランチの動きを見て、逆の方向に動くことで相手のマークを外していました。あるいは、ボールが右サイドに展開された時、相手のボランチが右サイドのボールを見た瞬間にフリーになるように動いたりと、相手の動きを利用することで、ダッシュしないでマークを外していました。

コンディションが良くなくても、マークを外す術を知っているところに、本田圭佑という選手の奥の深さを感じました。

今野と勝負し続けたケーヒル

オーストラリア側の駆け引きで印象に残ったのは、ケーヒルのポジションです。この試合1トップをつとめたケーヒルは、90分間ほとんど今野のサイドに張りついていました。ケーヒルの武器は、ヘディングです。たぶん、今野と吉田の身長を比較し、今野なら勝てると思って、今野のサイドに張り付いていたのだと思います。

前田もそうですが、緊迫した試合ではストライカーは1回訪れるチャンスに全てをかけています。こういう試合は、ストライカーが仕掛ける様々な駆け引きを観ているだけでも楽しいです。両チームのセンターバックは、うまく対応していたと思います。

PKの時の駆け引き

PKの駆け引きも面白かったです。本田の顔がアップになっていましたが、全くGKの顔を観ません。多分観ていたのは、GKの足元です。最初から目線を合わせないようにして、真ん中に蹴ることを決めていたんだと思います。ちなみに、本田はPKを真ん中に蹴ることが多い選手です。オーストラリアのGKがこのことを頭に入れていたら、結果は違っていたかもしれません。

関連記事

関連商品