2017年J2第3節 ジェフユナイテッド千葉対名古屋グランパス プレビュー「集団戦術は個人個人の能力の掛け合わせ」

2017年J2第3節、名古屋グランパスの対戦相手はジェフユナイテッド千葉です。この試合のポイントは、「FC岐阜戦で浮かび上がった課題をどのように解決しようとしているのか」です。FC岐阜戦の前半は、FC岐阜にボールを保持され、ほとんど相手陣内でプレーすることが出来ませんでした。

FC岐阜と名古屋グランパスのチーム作りの違い

FC岐阜との試合を振り返る上で、1つ伝えておきたい事があります。FC岐阜はチームとして動き方が決まっています。決まった動きに従って選手が動くことで、相手の守備を外します。また、チームとして機能しない時は、庄司やシシーニョという能力の高い選手が相手を上回るプレーすることで、他の選手に余裕を与えていました。

FC岐阜が名古屋グランパスよりボールを保持できたから、FC岐阜の選手の方が名古屋グランパスの選手より上手かったというわけでも、名古屋グランパスより戦い方が整理されているというわけでもありません。FC岐阜は、短いプレシーズン期間中に、徹底的にチームで決められた動きが出来るように、トレーニングを積んできたのだと思います。

しかし、名古屋グランパスのプレシーズンの準備は、FC岐阜とは全く異なります。名古屋グランパスは、個人個人がサッカーにおける原理原則を理解した上で、基本的な動きの精度を徹底的に高める事で、決められた方法だけでなく、様々な方法で相手を上回るプレーが出来るようにと、準備を進めてきました。ただ、選手1人1人の理解度と技術は、プレシーズン期間中だけで飛躍的に上がるわけではありません。日々のトレーニングを積み重ね、試合で課題を出しながら、少しずつ少しずつ改善していくしかありません。時間はかかりますが、ある程度の量を超えたら、飛躍的に成果が出ます。それまでは、辛抱強く勝ち点を積み重ねていくことが必要です。

パススピードと止める動き

僕が名古屋グランパスのサッカーを観ていて感じる問題点は、2点あります。

1点目はパススピードです。遅いです。パスの出し手は、パスの受け手の足元を撃ち抜くくらいのパススピードでパスして欲しいのですが、まだパスが受け手の足元で止まってしまったり、受け手の手前で止まってしまうようなパスが目立ちます。

2点目は止める動きです。ボールが1回で止まらず、2回、3回とボールを触る選手が多いので、なかなかボールが前に進みません。ボールを止めてから、相手ゴール方向を向くのに、時間がかかるからです。玉田や佐藤でも、ボールを止める時の動きに無駄が多く、ボールが正確に止まっていません。

今の名古屋グランパスのサッカーを観ていると、パススピードと止める動きという問題点をクリアしているのは、八反田くらいです。ただ、八反田もまだミスが多く、もっとテンポが上げられる場面で止まってしまう事があります。「止める」「受ける」「外す」「運ぶ」という動きの精度を高めることに終わりはありません。

集団戦術は個人個人の能力の掛け合わせ

日本のサッカーファンは、集団で実行する戦術やフォーメーションの変化について考えるのが大好きです。悪いことではありませんが、集団で実行する戦術は、選手個人個人の能力の掛け合わせで総量が決まります。いくら優れた集団戦術を考えても、個人個人の能力が低ければ実行出来ませんし、効果がありません。また、優れた個人は、集団戦術を無効にする力があります。1人で3人を相手に出来る選手がチームにいれば、その選手がいるだけでチームは優位になります。集団戦術は個人個人の能力の掛け合わせでなりたっている、その事を忘れてはなりません。名古屋グランパスの取組は、集団戦術のレベルを上げるために、個人個人のレベルを上げようとしているのです。

今の名古屋グランパスは、今節戦うジェフユナイテッド千葉の事を考えて戦う余裕はありません。まずは自分たちの出来る事をやるので、精一杯なはずです。今のチームの精一杯がどのくらいなのか、この試合では披露されるはずです。どんな試合になるのか、楽しみです。

おすすめ