nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

チームは生き物。ファンが考えるほど簡単に変えられるわけじゃない。書評「Jリーグサッカー監督 プロフェッショナルの思考法」(城福浩)

   

プロサッカークラブの監督は、「契約は解任までのカウントダウンの始まり」と言われるほど、過酷な職業です。負ければ非難され、選手交代が上手くいかなければ非難され、そして選手は海千山千の個性の強いものばかりで、いうことは聞いてくれない。決して楽な仕事ではありません。

そんな、プロサッカークラブの監督が、試合に向けてどんな準備をしているのか、試合中どんな事を考えているのか、選手にミーティングでどんな言葉をかけているのかといった、実際に何をやっているのかといったことについては、あまり知られていませんでした。

本書「Jリーグサッカー監督 プロフェッショナルの思考法」は、「チーム編成論」「マネジメント論」「采配論」「戦術論」「システム論」「育成論」という項目別に、サッカーの監督はどんなことを考えているのか、何をしているのかについて書かれた1冊です。

サッカー監督の書籍は、どれかの項目を掘り下げて書かれた本や、自身の考え方を紹介するような本が多いが、本書は「プロサッカークラブの監督は何をしているのか」「プロサッカークラブの監督はどんな事を考えているのか」、分かりやすく、丁寧に紹介しています。これは、ありそうでなかった1冊だと思います。

スタンダードはぶれる

印象に残ったのは、「スタンダードの示し方」という項目に書かれていた、こんな言葉です。

面白いもので、守備についてすごく細かく指導すれば、選手たちは極端に守備的になってしまい、攻撃について詳しく言及すれば、攻撃的にある反面、逆に守備がおろそかになってしまいます。

人間はふたつのことを同時にはなかなかできないものだし、習慣化していなければ、ある課題に取り組んだ時に、以前出来ていたことができなくなったりするものです。

チームは生き物

この言葉を読んで思い出したのは、川崎フロンターレのチーム作りでした。

川崎フロンターレは、風間監督が就任後から一貫して、「止める」「運ぶ」「外す」「受ける」という動作の質を突き詰め、個人戦術を向上させることで、チーム力を高めてきました。しかし、風間監督が「止める」「運ぶ」「外す」「受ける」という動作が、全て平均的に向上していったわけではありません。

「止める」が上手くなったら「受ける」がおろそかになったり、「受ける」が上手くなったら「外す」動きが減る、といった具合に、どれかがよくなったら、どれかが悪くなる。その繰り返しでした。日々のトレーニングで、少しづつ、少しづつ修正を重ね、試合でも失敗を重ねながらトライし続けた結果、現在の川崎フロンターレの「どこのチームにも出来ない攻撃」が出来るようになりつつあるのです。

イチローも「バッティングは生き物。今まで出来ていたことが出来たと思って意識の外から外すと、急に出来なくなったりする」と語っていたことがあります。

どれかが出来るようになったら、どれかが疎かになる。だから、1人1人の技術を積み重ねてつくり上げるプロサッカークラブの監督という職業は難しいのだと思います。

周りがいうほど、簡単に選手を入れ替えたり、戦術を変えれば、チームが劇的に変わるわけではありません。チームは生き物なのです。

指導者はもっと本を出版すべき

僕は、今後プロスポーツの指導者は、なるべく早く自分の書籍を出版するべきだと思っています。

自分が培った経験、指導の時に心がけているポイント、問題を解決するメソッドなどを公表することで、自分へのオファーが増える可能性があるだけでなく、ファンにも考え方を伝える一助となるのではないかと思います。

川崎フロンターレの風間監督が一貫して自身の考えを貫けているのは、解説者時代に出版した書籍やDVDを観たり読んだりしたサポーターが、監督の考え方を理解を深めていることも、大きな要因だと思います。

プロサッカークラブの指導者を目指す人や、プロサッカークラブの監督の仕事に興味がある人は、読んで損はない1冊です。

おすすめ商品

 - , ,