JSAA特別セミナー『スポーツアナリティクスの最前線 -オーストラリア&日本の視点より-』

2015年4月3日に、日本スポーツアナリスト協会(JSAA)が主催する「JSAA特別セミナー『スポーツアナリティクスの最前線 -オーストラリア&日本の視点より-』」というセミナーに参加してきました。

今回は、オーストラリア発のスポーツ分析ソフト「Sportscode」。その「Sportscode」を開発している「Sportstec」のマネージャーであるMichael Conlanさんからオーストラリアンラグビーや他競技で行われているスポーツコードやGPSデータの活用方法、アナリティクスの事例についてお話頂きました。

また、日本からは、ラグビー日本代表や社会チーム、プロバスケットボールチーム大阪エヴェッサのアナリストとして活躍されている前田祐樹さんから、異なる競技でも活かせる分析やデータから得られたパフォーマンス向上への知見について、お話頂きました。

個人的には、「Sportscode」についてもっと知りたくてセミナーに参加しました。なぜなら、日本のスポーツアナリティクスについて調べていると、アナリストの方からよく名前を聞くのが「Sportscode」だからです。「Sportscode」が使えることが、スポーツアナリストになるための第一歩。そんな印象すら受けます。なぜ「Sportscode」が使われているのか。そして、「Sportscode」を現場のアナリストはどう使って、どんなデータをとっているのか。お二人から興味深い話を伺うことが出来ましたので、ご紹介したいと思います。

NBA、プレミアリーグ、オールブラックスが使用する「Sportscode」

Sportscodeは、AFL(オーストラリアフットボール)、サッカーAリーグ、サッカーオーストラリア代表、スーパーラグビー、オールブラックス、NBAのニューヨーク・ニックスや、イングランド・プレミアリーグのウエストハム・ユナイテッドが実際に使用しています。

Conlanさんのお話で印象に残ったのは、スポーツアナリティクスの分野はまだまだ未開拓で、新しい分野だということです。Conlanさんのお話によると、スポーツにおけるデータ解析が始まったのは、1990年代からのことで、当時はExcelにデータを打ち込んで解析を行うものの、データを一目で確認出来るようなソフトウェアがなかったため、データを指導の現場や試合の分析に活かされることは、ほとんどなかったそうです。アナリストも、試合のビデオ撮影係といった位置づけで、チーム内での地位も高いものではありませんでした。

しかし、テクノロジーの発達によって、大量のデータが短時間で解析出来るようになったことで、アナリストの地位も変わりました。データをいかに活用できるかが勝敗を左右するようになり、ヘッドコーチの右腕としてアナリストが位置づけられるようになりました。チームにとっては、アシスタントコーチよりアナリストの方が重要視されているチームがあるそうです。特に、サラリーキャップを導入しているリーグでは、選手の獲得にお金が遣えないため、データの活用に力を入れているそうです。

Sportscodeが優れていると思ったのは、大量のデータを短時間で解析し、直感的に見れることです。実際のプレー映像と、GPSを使って測定したスピード、方向、場所、強度といったデータを表示し、試合の時間帯によってパフォーマンスがどう変わるのか、リアルタイムで解析することが出来ます。

リアルタイムの解析だけでなく、試合後に詳細なデータを入力し、入力したプレーデータと映像とGPSをひもづけることで、詳細なプレー分析が可能になるのです。言い換えれば、スポーツを構成する要素がかなり細かい粒度で可視化出来て、データに詳しく無い人でも見ることが出来ます。凄い時代になったなぁと、講演を聞いて改めて感じました。

「Sportscode」で導き出した効果的な戦い方

前田さんの講演では、Sportscodeを使って、具体的にどのように数字を計測して、ラグビーとバスケット現場で実際に役立てているのかを話してくれました。ラグビーの例だと、08-09年のトップリーグの得点の割合を調べると、トライが68%、ゴールキックが19%、ペナルティゴールが13%だったそうです。そして、トライに結びついた直前のプレーとして、ラインアウトが36%、ターンオーバーが21%、スクラムが21%という結果が出ました。

ラグビーは、敵陣5m付近まで侵入すると、50%以上の確率でトライになるスポーツです。つまり、ボールをキープしながら攻め続け、相手の反則を誘い、敵陣5m付近のラインアウトからトライに結びつけるという戦い方が、最も効果的だということが、データでわかったそうです。つまり、確実にペナルティゴールを狙う戦い方は、ペナルティゴールが入る確率も100%ではないので、得点と成功率を掛けあわせた期待値で考えると、あまり効果的な戦い方ではないというのです。

ちなみに、この戦い方を実践しているのが、エディー・ジョーンズ率いる現在のラグビー日本代表です。ラグビー日本代表が強い理由は、こうした確実性の高い戦い方に裏付けされているからなのだということも、前田さんの講演から知ることが出来ました。

SAP、Microsoftが参入するスポーツアナリティクス業界

講演後、Conlanさんに気になっていたことを聞いてみました。まずは、「Sportscodeの今後のビジョンについて教えて欲しい」という質問をしてみました。この質問に対して、Conlanさんは、「アプリをブラウザベースで動くようにしたい」と語っていました。

また、「SAP、Microsoft、アクセンチュアといった巨大企業がスポーツ分野に参入しているが、どう対抗していくのか?」という質問をしてみたのですが、この質問については「競合するところと、協力するところとある」という回答をされてました。「SAP Match Insight」のように、「Sportscode」と同じように、集計したデータを表示させる機能をもったソフトウェアの場合は、競合相手になります。しかし、SAP HANAのようなデータ解析ソフトウェアが解析したデータをつかって、「Sportscode」で表示させるといった場合では、協力相手になります。今後、共存共栄を計りながら、共にスポーツアナリティクスの分野を盛り上げていきたいと、Conlanさんは話してくださいました。

スポーツアナリティクス力の差が競技力の差になる

お二人の講演を伺って、日本ではスポーツアナリティクスの重要度、認知度が、現場ではまだまだ低いと感じましたし、ここが競技力の差になっているのではないかとも感じました。

話が飛びますが、僕はACLでJリーグのチームが勝てないのは、スポーツアナリティクスの部分で、遅れをとっているからではないかと思っています。KリーグやAリーグの監督や選手のコメントを聞いていると、Jリーグチームの特徴をよく理解した上で、「こうすれば勝てる」という確信があるように聞こえます。その確信の裏付けとして、スポーツアナリティクスがあるように思えるのです。

どんな戦いに臨むにしても、戦略を立てずに戦うのは、無謀です。スポーツアナリティクスの発達によって、戦略の立て方や考えるヒントは、変わってきている気がします。変化にいかに対応して、相手を上回るにはどうしたらよいのか。そんな事を考えさせられたセミナーでした。

関連商品