nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2016年J1セカンドステージ第4節 ジュビロ磐田対川崎フロンターレ レビュー「素晴らしかったジュビロ磐田の川崎フロンターレ対策」

      2016/10/02

2016年Jリーグセカンドステージ第4節、ジュビロ磐田対川崎フロンターレは、1-1の引き分けでした。

ジュビロ磐田の3バックを分析する

この試合は、ジュビロ磐田が川崎フロンターレの戦い方に上手く対応した試合だったと思います。ジュビロ磐田が非常に素晴らしいプレーをしました。

ジュビロ磐田のフォーメーションは、3-5-2。しかし、守備の時は小林祐希がFW2人の間に立って、「3-4-3」のように並びます。3人並ぶのも、理由があります。川崎フロンターレは、センターバックがボールを持った時、エドゥアルド・ネットがセンターバックの位置まで下がってきます。センターバック2人とエドゥアルド・ネットの3人で、相手FWのマークを外し、中央からボールを運んでいきます。ところが、この試合は小林がエドゥアルド・ネットをマークすることで、3人でボールを上手く運ぶことが出来ませんでした。実は、僕が川崎フロンターレ対策するなら、エドゥアルド・ネットにマンマークをつけたらいいのでは?と思っていたことがあります。4-4-2で守備をする相手に対して、エドゥアルド・ネットがパス交換をすることで、FW2人のマークを外すことが出来ていたからです。ジュビロ磐田は、エドゥアルド・ネットの役割の重要性を見抜き、しっかりと対策してきました。

中央から上手く攻撃が出来なければ、サイドからボールを運べばいいと思うのですが、川崎フロンターレのサイドバックがボールを持つと、ジュビロ磐田の3-4-3の「4」の両サイドでプレーする、太田と中村が素早く距離を詰め、自由にプレーさせません。太田と中村が素早く距離を詰める動きが、このフォーメーションで戦うために、最も大切な事でした。ここで川崎フロンターレのサイドバックが自由にプレーし始めると、太田と中村の背後が空いてしまいます。しかし、今回の戦いでは90分通して、素早く距離を詰める動きが出来ていました。万が一、太田と中村の背後にパスが出たら、パパドプーロスと森下が対応します。2人はファウル覚悟で厳しくコンタクトし、背後のパスを受けようとする小林と橋本に自由にプレーさせないようにしていました。もし、この動きが出来なくなったら、最後は太田と中村をDFラインに下げて、5-2-3で守る。ジュビロ磐田は、前からの守備と、後ろからの守備の2段構えで、川崎フロンターレの攻撃を止めようとしてきました。

たぶん、名波監督はJ1昇格後にボールを持つ相手に対して戦うためのオプションとして、3バックを準備していたのだと思います。非常によく準備された戦い方だったと思います。前回の対戦ではジェイのコンディションがよくなかったため、攻撃の時に時間が作れず、川崎フロンターレの攻撃の時間が長くなったことで、最後に守備が決壊してしまいましたが、この試合はジェイやアダイウトンのキープ力を上手くいかしながら、ボールを持つ時間を増やせたことで、最後まで守備をもたせることが出来たと思います。

ちなみに、ジュビロ磐田のような戦い方は、2015-16シーズンで、バイエルン・ミュンヘンの対戦相手がよく採用している戦い方です。実際マインツは、バイエルン・ミュンヘンと戦う時だけ3バックで戦い、バイエルン・ミュンヘン相手に勝利を収めてみせました。(ドルトムントまでバックをと対戦する時は、3バックを採用しています。)

バイエルン・ミュンヘンがボールを相手が持つことを前提に、相手がボールを運ぶ起点を抑え、起点からパスを受けるポイント(主にサイド)を全力で潰す。潰しきれない場合は、潔く撤退して、数で守る。攻撃はボールを持てる選手を前方に残し、素早く攻める。この試合を観ながら、バイエルン・ミュンヘン対マインツ戦を思い出しました。この試合のジュビロ磐田くらい、川崎フロンターレに対してきちんと対策をしてきたチームが最近なかったので、観ていてとてもおもしろかったです。この試合のジュビロ磐田のように、きちんと戦い方を準備してくるチームがもっと増える事を望みます。それが、Jリーグ全体のレベルアップにつながるはずです。

相手が対策してきたからこそ遊び心を

川崎フロンターレとしては、中央からボールが運べないので、サイドからボールを運びたいのですが、サイドにはジュビロ磐田の選手が待ち構えています。中央はDF3人とボランチ2人でジュビロ磐田がカバーしているので、なかなかスペースがありません。そして、ジュビロ磐田が思い切ってDFラインを高く設定していたので、相手を外して、相手の間でボールを受けようとしても、外しきれず、ボールを奪われる場面が目立ちました。また、ジュビロ磐田がDFラインを高く設定しているため、川崎フロンターレは「通せば1点」というポジションにいるけれど、実はオフサイドポジションの選手に対して、反射的にパスをしてしまい、オフサイドを取られてしまう場面がありました。この試合、川崎フロンターレが記録したオフサイドの数は、12回。いかにオフサイドにかかったか、よく分かります。

では、川崎フロンターレはジュビロ磐田をどうやって崩せばよかったのか。この試合を観ていて足りないと感じたのは、「相手に読まれない」プレーです。パスを出すとき、身体の向きがパスを出す向きと同じだったり、足を大きく振ってパスをしたりと、相手に意図が読まれないようにパスをしたりするプレーがあまりありませんでした。小林の同点ゴールの時の大島のパスや、オフサイドになりましたがエドゥアルド・ネットから小林に出した素早いグラウンダーのパスくらいしかなかったと思います。ジュビロ磐田が、時に愚直なくらい守備をしていたので、ちょっと、遊び心を入れて、相手の狙いを外す余裕があったら、崩しきれた気がします。あとは、無理に攻撃のスピードを上げなくても良かったと思います。もっとゆっくり攻撃しても良かったと思います。ちょっとテンポが早すぎました。

こうしたプレーが少なかったのは、中村憲剛が不在だったことも影響していたと思いますし、中3日による披露もあったと思います。ただ、この試合はジュビロ磐田がよい試合をしました。妥当な引き分けだったと思います。

日本代表が狙える2人の若手選手

最後に、川崎フロンターレとジュビロ磐田の若手2選手について書きたいと思います。

まずは、三好についてです。この試合の三好は、途中交代で出場しましたが、ミスを連発。攻勢を強めたいチームの流れに水をさしてしまいました。風間監督がスカパーのインタビューで語っていましたが、この試合の三好が問題だったのは、ミスをしたことが問題なのではなく、ミスをした後引きずってしまった事です。ミスをしても平気な顔をして、パスを受けにいく。何度も何度もチャレンジする。それが、川崎フロンターレというチームで求められている姿勢です。その姿勢がなくなったら、川崎フロンターレでは起用されなくなります。今まで、三好はふてぶてしいくらい強気な態度でプレーしていたのですが、この試合はそんな強気な姿勢がみられませんでした。

この試合、三好は大島からのパスを受けてシュートに持ち込めなかったシーンがありました。あのシーンは、三好の技術面での問題が凝縮されています。三好の技術面での問題は、キックをする時に、「身体を前に傾ける→身体を後ろにそらす」という動作をいれる事です。三好は、シュートをする時の姿勢だけみると、身体が上手く伸びていて、身体全体が上手く使えています。ところが、「身体を前に傾ける」という動作を入れるため、強いシュートを打とうとしたとき、どうしてもキックするタイミングが一瞬遅れるのです。この遅れによって、三好のシュートはことごとくDFの足にひっかかってしまっているのです。ゴールを決めたベガルタ仙台戦は、「身体を前に傾ける」動作がありませんでした。だから、DFにひっかからずにゴールを決めることが出来たのです。ベガルタ仙台戦を観て、改善されたかなと思ったのですが、この試合を観る限りでは、まだ改善されたとは言い切れないようです。

三好は今後プロとしてのし上がっていきたいのであれば、この試合のようなチャンスをきちんとものにしなければなりません。若いからといって起用してくれるのは、数試合だけです。若くてよいと言われた選手で、消えていった選手はたくさんいます。プロデビューした、ゴールを決めて、皆が喜んでくれる時はもう終わりました。次は、1人のプロとして、目に見える結果が求められる段階に入っています。期待したいと思います。

そして、ジュビロ磐田のゴールキーパーの志村について書きたいと思います。基本的には、このブログでは相手チームについて書きません。相手チームについて分析するほど、時間がないからなのですが、志村の事はデビュー戦を観てから気になっていました。そして、この試合を観て、よいGKだと確信しました。手足が長く、背筋が伸びていて、立ち姿もきれいです。無駄な力が入っておらず、シュートに対して最後まで身体が残っている。本当によいGKだと思います。日本代表を狙える素材だと思います。カミンスキーもいますので、志村をどう起用していくのか、注目していきたいと思います。

おすすめ

 - , , ,