書評「朱の記憶 亀倉雄策伝」-いま日本で事業家の上を行くデザイナーが果たして何人いるだろうか-(馬場マコト)

まず、この作品を見て欲しい。

このポスターは、1964年に開催された東京オリンピックのポスターです。アスリートの躍動感、息遣いまで聞こえてきそうなこのポスターは世界的に大きな反響を呼び、戦争で大きなダメージを負った日本の復興を世界に対して大きくアピールすることに成功しました。

このポスターのアートディレクターを担当したのが、アートディレクター亀倉雄策。東京オリンピックのポスター以外にも、グッドデザインのロゴマーク、長年愛されている明治のチョコレートのパッケージ、NTTのロゴマークを作ったことでも知られる昭和を代表するアートディレクターです。亀倉雄策が手がけた作品は、亀倉が作った事は知らなくても、広く多くの人に知られています。

本書「朱の記憶 亀倉雄策伝」は、昭和を代表するアートディレクターだった亀倉雄策という人は、どのような生涯を歩んだのか、亀倉の仕事とともに振り返った1冊です。

いま日本で事業家の上を行くデザイナーが果たして何人いるだろうか

本書を読んでいると、亀倉雄策という人が、デザインというのは単に意匠や見た目をデコレーションするのではなく、企業の問題を解決するために用いるものだと理解した上で仕事をしていたのだということが分かります。

「いま日本で事業家の上を行くデザイナーが果たして何人いるだろうか。少なくとも事業家に、あるヒントを与え自ら協力出来る人がいるだろうか。本当のデザインと云うものは、ここから始まると云ってもよい。デザインは条件の連続であり、その条件を生かすのがデザインである。デザインはその条件を逆に利用するところに本質がある。もっとデザイナーに近寄り、デザイナーは事業そのものに近寄るべきだ。そして大衆をして、デザインとは新しい生活の美術であると悟らしめるべきである。」

この言葉は、亀倉が終戦直後に語った言葉です。この言葉から、亀倉がいかに先端を走っていたか、そして現代の日本でも亀倉のようなデザイナーは希少であり、デザイナーという職業に対する捉え方は、戦後から変わっていないのだということがよく分かります。

亀倉が自らのデザイナーとしてのスタンスを示しているエピソードとして印象に残ったのが、松屋のリブランディングに関するエピソードです。亀倉がロゴデザインなどを手掛けた松屋は、1970年代の後半に競合が台頭し、経営が立ち行かなくなります。経営再建を行うべく、ライバルの伊勢丹から役員を招き入れ、リブランディングを亀倉以外のデザイナーに託します。託されたデザイナーは、折にふれて亀倉が目をかけていたデザイナーでした。

当然、松屋のデザインにかかわってきたメンバーは反発します。

「亀倉先生、あなたのデザインが否定されているのに、それでいいのですか」

そんな質問に対して、亀倉はこう答えたそうです。

「他の百貨店が平均三から四パーセントは成長しているときに、松屋はマイナス三パーセントだという。私のデザインでは経営が機能しないことは数字が語っている。私のデザインが否定されてよいのかと言われたが、いいも悪いもない。機能しないデザイナーは変えるべきだよ。」

日本の復興を支えたデザイナーたち

本書では僕が知らなかった亀倉雄策の事を知ることが出来ました。それは、リクルートとの関係です。晩年の亀倉は、「デザインと経営の融合」をリクルートという新興企業に託します。リクルートの経営に対する関わりを強めていった結果、リクルート事件に巻き込まれることになります。江副浩正という稀代の起業家との関わりながら、亀倉はどう感じたのか。それは本書を読んで頂くとともに、本書の続編とも言える「江副浩正」という本が、本書の著者から最近発売されました。本書を執筆しながら、著者が興味をいだいて書いたとしか思えません。

著者の馬場マコトさんは、「戦争と広告」「花森安治の青春」といった、戦前や戦後の日本の広告の歴史について、読み応えのある作品を書いてきた人です。どれも素晴らしい作品ばかりなのですが、馬場さんの著書に共通して描かれているのは、当時の「日本」という国をいかに外国に、国内の人に広めていくか。自分たちが日本をどう変えていくのか。変わっていく日本をどう伝えるのか。そんな事を考えながら、広告制作に取り組んでいた人たちの姿です。

戦争で多くの犠牲を出し、急速に復興を遂げたのは、事業家だけでなく、事業家の想いを伝える技量をもったデザイナー含めた制作者の力が大きかったのだなと、改めて実感します。

本書は、デザイナーやアートディレクターと呼ばれる方々にこそぜひ読んでもらいたいと思いますので、後ほどnoteにも書評を上げます。ぜひ多くの人に本書を手にとってもらえる事を願って。

おすすめ