【続報】小林可夢偉のF1活動資金を募ったWebサイト「KAMUI SUPPORT」経由の募金が1億6千万円を突破!

2014/07/22

先日書いた記事の続報です。小林可夢偉のF1活動資金を募ったWebサイト「KAMUI SUPPORT」経由の募金が、11月24日の募金受付開始から、わずか1週間ほどで1億円を突破したというニュースを先週お伝えしましたが、12月6日の時点で募金額が1億6千万円を突破しました!(詳細はこちら)

ファンとの間に築きあげてきた信頼が募金の原動力!

募金開始1週間で1億円集めたことも凄いですが、募金受付開始から2週間経っても継続的にお金を集めて、今週だけでも6千万円の資金を確保したというのは、驚くべきことです。1口1万円という金額は、決して大きな金額ではありませんが、少ない金額でもありません。簡単に出せる金額ではありません。これは、小林可夢偉というドライバーがファンとの間に築きあげてきた信頼があるからこそ、できることだと思います。他のドライバーが同じ事をやっても、簡単にできることではありません。

実力のあるアスリートが力を発揮できる支援体制を!

日本という国は、スポーツするのも観るのも好きなのに、プロフェッショナルに対する支援体制となると、まだまだきちんとできていない部分があると感じます。為末大さん(@daijapan)がクラウドファンディングを使って支援を募ったり、ユース世代の陸上選手に対する支援体制をどのように構築していくのか、Twitterで模索されていることが伝わってきますが、その様子からもまだまだ改善の余地があることが伝わってきます。

最近、Number Webでソチ五輪1年前に支援が打ち切りになった、スキージャンプの渡瀬あゆみ選手の記事を読みました。(記事はこちら)経済情勢の変化によって、スポーツへの支援が削減されるケースは、2012年になっても減ることはありません。

小林可夢偉もWebサイト上でコメントを発表し、「引き続き日本でスポンサーを探す活動を続ける」と表明していますが、今回の「KAMUI SUPPORT」の盛り上がりが、企業からの支援に繋がればよいと思いますし、今後スポーツ選手を継続的に支援していく仕組みづくりになればと思います。

関連情報

nishi19 breaking newsではこんな記事を書いています。
凄い!小林可夢偉のF1活動資金を募ったWebサイト「KAMUI SUPPORT」経由の募金が1億円を突破

おすすめ商品

F1の今年の戦いが収められたDVDはこちら。

為末 大さんの著書「走りながら考える」はこちら

小額のお金をWebサイトで集める「クラウドファウンディング」関連の書籍はこちら