nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

書評「脳年齢25歳!? 佐藤可士和の頭が冴える食生活」-食の最適化について考える-

   

時代の空気をデザインという形で表現し続け、圧倒的な支持を受けてる佐藤可士和さん。佐藤さんは、「人は口に入ったものからしか出来ていない」という言葉に衝撃を受け、自分の食環境を見直すことを始めます。

本書「脳年齢25歳!? 佐藤可士和の頭が冴える食生活」は、佐藤可士和さんが食環境を見直すために、どのような取り組みを行ったのかをまとめた1冊です。

食環境を徹底的に見直す

まず、佐藤さんの食環境へのアプローチは、クリエーターらしくまず自宅のキッチンデザインから始まります。調理器具やカトラリーなど毎日使うツールも厳選。自ら料理も始めます。

そして、子どもを土に触れさせたい!と、週末にはファームでの7年にわたるアグリライフを実践。食育への関心を高めていきます、

そして、そろそろ健康チェックをと訪れたクリニックでは、思いがけず「遅発型フードアレルギー」の存在を知り、卵と乳製品の除去に取組みます。そして、身体はすっかり快調になったそうです。

食も企業と同じ手法で改善

佐藤さんは、「食生活とは自分の食環境をデザインすること」と語ります。佐藤さんは、これまで情報を整理し、問題解決のための手法を考え、実行に移すことで、数多くの企業の問題を、デザインで解決してきました。

佐藤さんの食環境へのアプローチの仕方は、企業の問題を解決する時の手法と何ら変わりません。情報を整理し、問題を明確にし、問題解決の手法を考え、実行に移す。その結果、健康な身体を手に入れる事が出来たというわけです。

取り入れられる事は取り入れる

こうした、生活改善に関する書籍を読み終えると、「自分もやってみよう」と思う反面、「あの人だから出来た」と思いがちです。

当然、全てを取り入れる事は、難しいと思います。ただ、自分ならどう取り入れられるか。あるいは、全て受け入れてみるか。自分なりに考えてみるだけでも、価値はあると思います。

僕は、本書を読み終えて、家族にアレルギー検査を受けてもらおうと思いました。アトピー性皮膚炎に悩む家族にとって、症状が和らぐ方法がみつからないかと、思ったからです。そんな事を考えられただけでも、本書を読んでよかったと思います。

おすすめ

 - , ,