書評「技術解体新書 サッカーの技術を言葉で再定義する」(風間八宏,西部謙司)

本書「技術解体新書 サッカーの技術を言葉で再定義する」は、2012年から2016年まで川崎フロンターレで監督を務め、2017年シーズンから名古屋グランパスの監督を務める風間八宏監督にサッカージャーナリストの西部謙司さんがインタビューを行い、風間さんの言葉から、サッカーの技術と技術を説明する風間さん独特の言葉「風間語」について解説している1冊です。

本書の「まえがき」には、こんな文章があります。

本書はいわば”風間語”のガイド本だ。風間監督の独特の言葉の意味を知ることで、風間理論や風間スタイルのサッカーを理解できるだけでなく、サッカーの普遍的な原理を知ることができるはずだ。風間理論の特徴は、ボールと人体が変わらない限り通用するサッカーの原理を追求している普遍性にある。日本サッカーのレベルアップは、知っているようでよく理解していなかったサッカーの原理を認識するところから始まるのではないか。風間理論はそのための教科書になるはずだ。

まさに、この「まえがき」に書かれている通り、本書はサッカーの原理への理解を深めるのに、最適な本なのではないか。読み終えてそう感じました。

風間監督の指導の確信

本書が素晴らしいのは、風間さんの指導の最も核となる部分を、とことん掘り下げていることです。

「認識、実行、成功」ですね。
風間監督の指導の確信部分だと思う。

感覚でプレーしていた選手たちに、まず新しい認識を与える。「止める」でいえば、足の一点でボールのオフスイッチを触るのが最も良い止め方であるということを知らせる。そして実行させる。それで成功すると、技術に対する見方が変わる。「止める」は最短時間での「蹴る」につながり、その時間の短縮がプレーのスピードを生む。また、何か止まっている状態かをチームで共有することで、タイミングを共有できるようになる。風間さんはこれを「目を合わせる」と呼んでいる。

ここが風間さんが考えるサッカーの核であり、指導する時に最も大切にしていることなのです。だから、風間さんは「言葉」にこだわります。

大事なのは感覚を感覚のまま放置せず、いったん言語化すること。それによって様々な気づきが生じる。そして、言語化して認識したものを再び感覚へ落とし込む。認識→実行→成功を手助けするのが風間監督の仕事であり、指導者としての真骨頂なのだろう。

そして、風間さんが他の指導者と違う言葉を使って表現するのには理由があります。

「わざと分かりにくくしているところはあります。例えば、「ドリブル」だと、こちらを向いてくれないけど「運ぶ」と言えば、なんだろうと思って向くかもしれない。もう1つは、明確化すること。定義がはっきりすれば区別ができる。「止める」と「運ぶ」の定義がはっきりすれば、「押し出す」なんてないよということがはっきりする・それは「運ぶ」だよということ。選手は止めているのか運んでいるのか、その区別を意識してプレーするようになります。あとは抽象的なものは省いていく」

パターンに安全と安心を求めると落とし穴になる

風間さんは明確なパターンを提示すること理由も、本書には書かれています。以下の文章は、スポーツだけでなく、ビジネスマンの生き方にも通じる話ではないのでしょうか。そして、この言葉は「川崎フロンターレの監督をやめた理由」とも読み取れるような気がするのは、深読みしすぎでしょうか。

「パターンに安全と安心を求めてしまう。そこへ立ち返ればいい。でも、そこが落とし穴になる。スポーツは止まったらダメなんですよ。どんどん変化していくほうがむしろ安全なんです」

「サッカーの原理」を探求し続ける2人

本書を読み終えて、風間さんだけでなく、著者の西部さんも「サッカーの原理」を探求している人なのだなと、改めて感じました。西部さんは、Footballistaの「戦術リストランテ」というコーナーで、最新の戦術トレンドを解説するコラムを連載されてますが、戦術を戦術用語で説明するのではなく、多くの人にも分かりやすい言葉を用いて説明しています。そんな西部さんの姿には、風間さんとも共通するものがあります。

本書は、サッカーというスポーツが、どんな技術の組み合わせで成り立っているのか、サッカーに詳しくない人でも分かるように説明されています。サッカーに詳しい(と感じている)人は、「また風間さんがこんなこと言ってるよ」と思わずに読んで欲しいし、サッカーに詳しくない人ほど読んでもらいたい1冊です。僕ならサッカーを観始めたばかりの女性におすすめします。

おすすめ