nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

イングランド・プレミアリーグ2015年シーズン第35節 レスター・シティ対スウォンジー・シティ レビュー

   

イングランド・プレミアリーグ2015年シーズン第35節、レスター・シティ対スウォンジー・シティは4-0でレスター・シティが勝ちました。これで9戦負けなし。最近15試合でも1敗しかしていません。強いです。

なぜシュラップを起用したのか

レスター・シティは、ヴァーディーが出場停止。どんなメンバーで臨むのかが注目されていました。ヴァーディーの代わりには、ウショアを起用し、そのウショアが2ゴール。ウショアの起用があたったとだけ思いがちですが、僕はラニエリが施したもう1つの策のほうが効果があったと感じました。それは、左サイドハーフにオルブライトンに代って、シュラップを起用したことです。

シュラップの強みは、左足のキックと縦方向への力強いドリブルです。オルブライトンの方が器用ですが、シュラップの方がスピードとパワーに長けています。シュラップが起用されたのは、ヴァーディーの代わりにウショアが起用されたことと関連すると、僕は思います。ウショアは相手を背負ってボールをキープするプレーが上手い選手です。ヘディングも強いです。しかし、ヴァーディーのように素早く相手の背後をとるような動きや、ボールを奪った後、素早く敵陣にボールを運ぶようなプレーは出来ません。

ヴァーディーの出場停止で失われた攻撃のスピードを、どう担保するか。ラニエリの答えは、シュラップを起用することでした。シュラップは必ずしもチームの攻撃に連動できていたわけではありませんが、力強いドリブルでレスター・シティの攻撃を牽引。3点目の起点になりました。また、左サイドのシュラップが機能した理由としては、右サイドのマレズが好調だったことも大きな要因です。マレズはよい試合と悪い試合がはっきりしている選手ですが、この試合はよい試合でした。

サイドを起点に相手を押し込み、素早いパス回しで相手の守備を崩す。レスター・シティらしい複数の選手が攻守に連動した戦いが90分とおしてみられた試合でした。首位のチームにふさわしい試合をしたと思います。素晴らしい試合運びに隠された、シュラップの起用。つくづく、今シーズンのラニエリはよい仕事をしていると思います。

レスター・シティは止まらない

レスター・シティの試合を観ていて驚くのは、選手の動きが「止まらない」事です。サッカーでは「パスアンドゴー」という言葉があります。パスしたら、必ず動くというのは基本なのですが、レスター・シティの選手は忠実にそれを実行します。ドリンクウォーター、カンテといった中盤の選手だけでなく、岡崎、ヴァーディー、ウショア、シンプソン、フックスといった選手も、パスをしたら次に自分がパスを受ける場所を探して、動きます。足を止めることはありません。

止まらないのは、守備においても同じです。自分のポジションを守りつつ、相手が自分のエリアに侵入してきたら、相手のパスコースを塞ぎつつ、素早くボールを奪いにいきます。かわされても、二度三度と追いかけ、結果的にはボールを奪うという場面を、今シーズンは何度も見かけました。また、逆サイドにボールがあるときも、レスター・シティの選手はきちんと選手間の距離を保つために、動き続けます。ボールが無い時も、レスター・シティの動きは止まりません。ヴァーディーやマレズといった選手も、守備の時に足を止めることはありません。

注目したいのは、レスター・シティの選手たちは、これほど走り続けているにもかかわらず、「頑張っている」様子がみられないことです。ヴァーディー、マレズ、ドリンクウォーター、カンテ、岡崎、シンプソン、といった選手は、どんなに走っていても、歯をくいしばって走っているようにはみられません。上体の力を抜いて、スムーズに足を運んだ結果、他のチームより効果的に動けている。そう感じるのです。

レスター・シティの躍進を語る上で、ヴァーディー、マレズ、カンテ、シュマイケルといった選手の活躍はおさえておくべきですが、僕はレスター・シティの躍進の真の要因は、フィジカルコンディションを一定に保つコンディショニングと、選手が90分動き続けられる身体を作った、トレーニングにあるのではないかと思います。レスター・シティがどんなトレーニングをしているのか、どんな考えのもと選手のコンディションを整えているのか、凄く興味があるので、詳しく調べてみたいと思ってます。

トットナム・ホットスパーが引き分けたため、レスター・シティとトットナム・ホットスパーの勝ち点差が7に開きました。レスター・シティはあと1勝すれば、優勝が決まります。ただ、残り3試合の相手が、マンチェスター・ユナイテッド、エバートン、チェルシーと強豪相手なので、油断は禁物です。

次節はアウェーでマンチェスター・ユナイテッド戦。大一番です。いよいよ優勝が現実味を帯びる中、レスター・シティがどんな戦いをするのか注目したいと思います。

おすすめ

 - , , ,