nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

イングランド・プレミアリーグ2015年シーズン第36節 マンチェスター・ユナイテッド対レスター・シティ レビュー

   

イングランド・プレミアリーグ2015年シーズン第36節、マンチェスター・ユナイテッド対レスター・シティは1-1の引き分け。これで10戦負けなし。あと勝ち点2を獲得すれば、自力で優勝が決まります。

マンチェスター・ユナイテッドの巧みな攻撃

この試合は、マンチェスター・ユナイテッドが上手くレスター・シティの守備を外してみせました。レスター・シティの戦い方を分かった上で、きちんと対策を施し、実行してみせたところは、さすがマンチェスター・ユナイテッドでした。

マンチェスター・ユナイテッドは攻撃の時、4-1-5のようなフォーメーションになっていました。DF4人はそのままですが、中盤のキャリックが「1」のポジションを務め、「5」の中に、フェライニとルーニーが入ります。レスター・シティは守備の時、FW2人がマンチェスター・ユナイテッドのDFに対して、ボールを奪おうと素早く距離を詰めます。ところが、マンチェスター・ユナイテッドはDF4人とキャリックの5人で上手くパスを繋ぎ、レスター・シティの守備を外していきます。また、FWだけがボールを奪いにいくものの、MFとDFは連動して動かなかったため、FWとMFの距離が空いてしまいました。

また、フェライニとルーニーの動きも、レスター・シティにとってはやっかいでした。ルーニーは、レスター・シティのFWとMFの間にポジションをとり、上手くマークされない位置でボールを受けます。レスター・シティもルーニーを捕まえようとしますが、パスを受ける直前の動き出しが早いので、捕まりません。

また、フェライニのポジションもやっかいでした。フェライニはルーニーとは逆に、相手DFラインとMFの間に立ちます。右サイドに位置し、左サイドバックのフックス、左センターバックのフート、センターハーフのカンテの間に立ちます。カンテはフェライニが気になるため、フェライニに引っ張られてしまいます。フェライニが上手いのはカンテを引きつけた上で、自身に対するロングパスを受ける時は、カンテやフックスと競ります。これによって、フックスはフェライニが気になって、少し中央寄りのポジションをとるようになります。空いたスペースを、リンガードが上手く使い続けたことで、マンチェスター・ユナイテッドは右サイドから上手く攻撃することが出来ました。

ペースダウンしたマンチェスター・ユナイテッド

前半10分まではマンチェスター・ユナイテッドがゲームをコントロールしてみせましたが、レスター・シティはセットプレーからモーガンのヘディングで同点に追いつきます。その後、マンチェスター・ユナイテッドはボールは握りますが、追加点を奪うことが出来ません。僕はマンチェスター・ユナイテッドの何人かの選手が、1点を取った後「動きを止めてしまった」ように見えました。勢いをつけて一気に攻め立て、追加点を奪ってしまえば、試合を優位に進められたと思います。ところが、若い選手が多いからか、相手を舐めてしまったのか、畳み掛けることが出来ません。

また、前半の攻勢を支えていたリンガードとフェライニが交代した後、攻撃のペースが明らかにダウンしてしまいました。畳み掛けることが出来ず、交代選手がペースアップさせることが出来ない。今シーズンのマンチェスター・ユナイテッドの成績を象徴しているような気がしました。

後半からレスター・シティも対応

後半になると、マンチェスター・ユナイテッドの戦い方にレスター・シティも対応します。FW2人は無闇に追いかけず、FWとMFの間を空けないようにします。ルーニーとキャリックは、カンテとドリンクウォーターがマークしつつ、後ろから岡崎が挟み撃ちにして、自由にプレーさせません。フェライニはフートがマークし、高さ勝負で優位を与えません。フェライニのマークから解放された左サイドバックのフックスは、リンガードとの1対1で次第に優位に立つようになります。縦方向に仕掛けさせてボールを奪ったり、攻撃の時に高い位置をとって、リンガードを下げさせたり、駆け引きで優位に立ってみせたのは、さすがでした。

レスター・シティの強さは、こうした相手の対策に上手く対応しつつ、自分たちの戦いに持ち込むことが出来る点にあります。この試合、ヴァーディーが出場停止のため、相手DFの背後を狙えなかったため、相手のDFラインを下げさせることは出来ませんでした。しかし、今のレスター・シティにとって、出来るだけのことはきちんとやれた試合だと思います。

この試合で優勝は決まりませんでしたが、勝ち点1を獲得し、優勝へと1歩前進しました。次節はホーム最終戦となるエバートン戦。ホームで優勝を決めることが出来るか。プレミアリーグもいよいよクライマックスです。

おすすめ

 - , , ,